嵐・二宮和也、木村拓哉からの“バースデーサプライズ”に大感動! 「カッコいいんだよね~!」

二宮和也

 嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm、6月17日放送)にて、誕生日を迎えた二宮に宛て、先輩・木村拓哉からサプライズでバースデーメッセージが届いた。

 この日の放送は、二宮の35歳の誕生日当日ということで、番組スタッフがサプライズで木村からのコメントを用意。木村と二宮といえば、8月24日から全国で公開予定の映画『検察側の罪人』にて共演いる。

 木村の「え~、カズさん、ニノ。どっちで呼べばいいのかな? 今日はニノにしとくわ」という声が流れると、二宮は「あ! 木村くんじゃん!」と驚き。木村は二宮に誕生日祝いの言葉を贈ったあと、「1年に1回必ず訪れる日ですが、ニノの中では、今回のこの誕生日、どんな感じなんですかね?」と質問。そして、木村自身は今年で45歳になるが、誕生日を迎える際に周囲からもらえる「おめでとう」の気持ちがありがたく、年齢を重ねることをマイナスに捉えていないと語っていた。真面目なトーンで話していた木村だったが、「きっとニノもそんなに深いことは考えてないと思うんですけど。こんなことよりもきっと、自分のゲームの状態だったりとか……(を気にしているのでは)」と発言し、二宮を笑わせていた。

 また、木村は二宮について「ちゃんと自分自身、自分がやるべきこと、自分が向き合うことをしっかり捉えて、真正面からちゃんと向き合っているニノを『ブラックペアン』(TBS系)とかを見ながら、ちゃんとボクは感じ取っています」と高く評価。そして「やる時にはやる、っていう。あのすごいね、その印象があるんですよ」「ニノと共演させてもらって、すごく……非常に自分の中で、深い印象に残ったのが“安心”っていう一言だったので。ホントに安心させてくれる後輩の1人に、ボクは捉えてますので」と賛辞を送っていた。

 大先輩からお褒めの言葉をもらい、二宮は「すごくないっすか? (ラジオは)最終回だな、今日をもって」と大喜び。そして木村について「どうですか!? カッコよかったでしょ? カッコいいんだよね~」と噛み締めつつ、「誕生日(のメール)も来るかな今年? ジャストの時。メール、来るかな」とソワソワし始める。その後も「あとで『ありがとうございました』って言わなきゃ。わぁ~うれしい~、すごくうれしい!」とつぶやきながら、木村の粋な計らいを素直に喜んでいた。また、二宮は木村が自分のことをどう思っているのか知れたことがよほどうれしかったようで、「『オレのことどうですか?』ってさ、聞くことないじゃん。みんなが聞いてくんないとさ、どう思ってるかなんて本人には伝わらないものでね。いや、すごいよかった、ありがたい」と感激していた。

 さらに二宮は『ブラックペアン』の撮影が始まったころ、木村から“大量の差し入れ”が届いたエピソードを明かした。なんでも、「『何人でドラマ撮ってると思ってるんですか?』ってぐらい、いっぱいくれた」とのことで、その量の多さに驚いたそう。それを見て二宮は、「オレはね、オレは(木村から)好かれてると思ってる!」と思ったそうで、「『こいつ好きだ』っていうふうに思ってる後輩の現場にしか(木村は)差し入れしてないって……っていう認識でオレは受け取った!」と、大量の差し入れは木村に目をかけてもらっている証拠だと語り、誇らしげに声を弾ませていた。

 日ごろの低いテンションはどこへやら、木村のメッセージを聞いてからルンルンで放送を続けていた二宮。映画の宣伝などで2人が並んでいる場面を早く見たいものだ。