Kis-My-Ft2玉森裕太、King&Prince永瀬廉にご立腹!? 「シメますわ、アイツ」発言飛び出す

玉森裕太

 6月20日深夜放送のラジオ『Kis-My-Ft2 キスマイRadio』(文化放送)に、Kis-My-Ft2玉森裕太と二階堂高嗣が出演。玉森が後輩のKing&Prince永瀬廉について語る場面があった。

 玉森と永瀬といえば、2013年に放送されたドラマ『信長のシェフ』(テレビ朝日系)や、14年に上演された舞台『DREAM BOYS』で共演している。『DREAM BOYS』をきっかけに2人は連絡先を交換したそうで、以降、永瀬は雑誌のインタビューなどでよく玉森の名前を出すようになっていた。

 最近では、アイドル誌「Myojo」2018年3月号(集英社)で玉森と永瀬の対談企画も。同誌では、2人が偶然表参道で出会い「一緒に買い物をしたことがある」と明かされており、その時に玉森が永瀬にニットを買ってあげるなど“先輩らしいこと”をしたのだとか。しかしこの時、玉森は「お前と買い物するのもこれがラストだから」という意味をこめて永瀬にニットをプレゼントしたのだと発言。そんなことにはめげない永瀬が「次回はごはんですね」と玉森を食事に誘うと、「ファミレスだったらいいよ」と“ツンデレ”な返事をする……といったほほえましい会話が繰り広げられていた。

 そんな中、永瀬はKing&Princeとして5月23日にCDデビューをはたす。26日に行われたデビュー曲「シンデレラガール」発売記念イベントにて、永瀬は玉森と念願の食事に行ったことを報告していた。それによると、デビュー当日の5月23日に玉森からメールで誘いを受けたとのことで、「一度も直接『おめでとう』とは言ってくれなかったけれど、そういうことだと思っています」「焼肉を食べたんですが、玉さん全然食べない。ずっとボクが食べて、いろいろ話して、楽しい時間を過ごしました」と語っていた。

 玉森の不器用ながらも後輩思いな一面が、永瀬によって明かされたあと、『キスマイRadio』にも、リスナーから「食事会の詳細を聞かせてほしい」というメッセージが届いていた。しかし玉森は、「オレ、こういう風になるのがイヤだったのよ!」「永瀬的な気持ちを考えたら、うれしかったから言おうって純粋な気持ちだけど。オレはあまり広められたくないの」と話の“ネタ”になることをあまりよく思っていないようで、不服そうな反応をしていた。

 King&Princeのデビュー日に玉森からメールを送った経緯については、その日たまたま仕事が早く終わったため、「お祝いはしてあげないとなあ」と思い、連絡したのだとか。それを聞いた二階堂が「でも『おめでとう』は言わなかったんでしょ?」とツッコむと「恥ずかしかったね」と言って照れ笑い。慕ってくれる後輩に面と向かってお祝いが言えなかったという、玉森らしいエピソードだった。

 その後二階堂が「ネタじゃなくて好意で言ってくれてるんだけど、(世に情報が)出ちゃうとイヤなのはわかる」と共感すると、玉森は笑いながら「だからシメますわ、アイツ。永瀬の野郎シメますわ!」と発言。永瀬に対して少々当たりがキツい玉森だが、「シンデレラガール」について「あれは売れるわ」とつぶやく一幕もあった。ツンデレな彼なりにかわいい後輩を応援しているのは確かなようなので、また2人の交流が語られるのを楽しみにしたい。