嵐・大野&二宮がお互いを褒め合ってイチャイチャ!? 後輩も驚く「大宮SK」の仲良しぶり

大野智

 2002年に誕生したユニット「大宮SK」のコンビでお馴染みの、嵐・大野智&二宮和也。相思相愛なことからファンに人気の2人は、テレビ番組などの表舞台だけでなく、仕事現場の裏側でも仲睦まじい姿を見せているようだ。

 02年12月に行われたコンサートツアー『ARASHI STORM CONCERT 2002 新嵐 ATARASHI ARASHI』の名古屋公演で、突如ファンの前に現れたという「大宮SK」。近年のコンサートではなかなか見られなくなってしまったものの、この組み合わせを支持するファンはいまだに多数存在する。大野と二宮は普段からスキンシップが多く、話している時の“距離が近い”といった点や、「ふわふわした空気感が好き」「癒し系のコンビ」として、根強い人気があるのだ。

 そんな2人が、「TVガイド」2018年6月29日号(東京ニュース通信社)の連載「嵐 週刊VS嵐ガイド」に登場。『VS嵐』(フジテレビ系)の収録について、「思わず褒めたくなった、最近の好プレーは?」との問いに、大野が「答えを書いて合わせるやつ(「ベタ嵐」)で野球の問題が出たとき。自分を褒めます(笑)」と語ると、二宮は「あと、この間の対戦(VS「チーム自分大好き」戦)のときのリーダーのボウリングとかすごかったよね。1球でほぼストライク」と、大野の活躍を褒め称えた。

 また、「食べ物の好みで、おふたりに共通するものは?」と質問を受けた際には、二宮が「何だろうね? ふたりで食べ物の話あんまりしないもんね。俺はずっと同じもの食べてるからな」と答えたところ、大野は「でも、ニノが食べてるのに乗っかることはあるね。ライブのリハの時とか、ニノが食べてるのを見ると食べたくなって、同じものを注文しちゃうから、結果的にその時期は、ほぼ同じものを食べてる(笑)」と明かし、仲良しぶりを見せつけていた。

 一方で、「週刊ザテレビジョン」18年6月29日号(KADOKAWA)では、後輩のSexy Zoneが大宮コンビの“イチャイチャ”ぶりを暴露している。Sexy Zoneといえば、昨年に続いて『嵐のワクワク学校2018~毎日がもっと輝く5つの部活!~』の助手に就任。連載の「Sexy素ナップ」コーナーにて、インタビュアーに「身近に感じた嵐の姿は?」と聞かれた菊池風磨が、「大野(智)くんと二宮(和也)くんがとにかく仲がいい印象。2人でずっと話してるんだよね。“今、ボーッとしてたでしょ”みたいな二宮くんのツッコミとか、裏でもリハでもずーっとやってるの(笑)。楽しそうに2人で笑ってるところ、何度も見掛けたなぁ」と報告し、佐藤勝利も「リハから肩組んでるもん(笑)」と、その様子を証言していた。

 実は昨年発売の「ポポロ」17年9月号(麻布台出版社)の『ワクワク学校』レポートでも、菊池が「食事会のときに二宮くんは俺の真向かいに座ってたんだけど、大野くんと二宮くんのやりとりに癒されたよ。リハのときもふたりで話していて、ほんわかしてる大野くんに二宮くんがツッコんでて、ほっこりした気分になった」と語っており、約1年前からすでに両名の魅力にハマっていた様子。いつでも変わらず仲のいい大野と二宮の姿は、Sexy Zoneら後輩から見ても“癒し”の存在なのだろう。

 ファンからも後輩からも人気のある「大宮SK」。今後もテレビやラジオなどを通じ、和気あいあいとしたやり取りを見せてほしいものだ。