嵐・二宮和也、『ブラックペアン』動画の“真実”について語るも「聞いてしまったら最後」

二宮和也

 嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm、6月24日放送)にて、先日最終回を迎えた二宮主演ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の“特別動画”のネタばらしをする場面があった。

 TBSの公式YouTubeチャンネル「YouTuboo」では、6月2日から「渡海の部屋 360度カメラMOVIE」が公開されている。これは『ブラックペアン』にて二宮演じる天才外科医・渡海征司郎の部屋を360度カメラ映像で見ることができる動画で、公開されるとネット上では「渡海先生の部屋360度見られるのたまらん……! 神動画だ!」「臨場感がすごい! 渡海先生がここにいるって想像するだけで楽しい!」「“妄想”の中でソファーとベッドに寝転んできたー!(笑)」とファンが大喜びしていた。

 ラジオには、この動画を見たというリスナーから「仮眠室を渡海先生目線で見れる動画が配信されていましたが、あれはニノが撮ったものですか? 座る時の足の関節の音などが聞こえて『もしや』『まさか』と思いました」という質問メッセージが届いたのだが、これを読み上げた二宮はすぐに「違います」とキッパリ否定。さらに「ボク、その動画すら見たことないし。そんなのあるんだって、今このメールを見て知ったくらい。残念!」と、動画の存在すら知らなかったと驚きの事実を明かしたのだ。

 さらに二宮は、ガッカリしたであろうファンに対し「これはもう、世の中の摂理と一緒だよね。これはもう世の摂理ですよ、完全なる」と追い討ちをかけ、「真実を知った上で受け止められるっていう度量があるならば、聞いてもいいけども。『あれはもしかしてニノなのかもしれない』『本人が撮ったものなのかもしれない』って、思ったまんまでいた方がよかったことだっていっぱいある。ね?」と、二宮らしい持論を展開。

 さらに「じゃあ(動画は)誰が撮ったんだろう。知らないおじさんが撮ってたのかな~? 知らないおじさんの関節の音を聞いて、『あれはニノなのかもしれない。いや、鳴ってるんだからニノだよ!』っていうところで止めておくべきだな、やっぱり」と楽しそうに話を展開。二宮は「最近世の中、真実を知りたがっているけども、ね? それを言うのが『正義だ、正義だ』ってなってるけども。聞いてしまったら最後だよ。知らないおじさんの関節の音で一喜一憂してたってことになるんだから。嫌だねえ」と強烈な言葉のパンチをリスナーにお見舞いしたのだった。

 この話のシメに二宮は、「“含む”っていうのは、本当に日本のいい文化なんだよ」と語り、「真実を知ればよいというものでもない」と言いたげな様子。そして質問を送ったリスナーに対し「この子が悪いわけじゃないよ? オレが言いたいのは、この子のようにみんなが思っていたことを、この子が代弁して送ってくれた総意として、受け止めてます私は」とフォロー。「その総意にお答えした結果、みんなここ何日か、知らないおじさんの関節の音で盛り上がっていたという。ていう事実だよ、ね? 明日もがんばろう!」と励まし、ファンのガッカリ感を面白がっていた様子だった。

 二宮の“ドS”な一面が炸裂する形となった、今回の放送。本人が撮影してないのは残念だが、それを差し置いてもファンにとっては貴重な動画なので、何回も味わいたいところだ。