Sexy Zone中島健人が“匂わせ”?&嵐が突然「○○」に改名!?【週刊Jトピ!ざわつき通信】

嵐

ーージャニーズアイドルがファンを“ざわつかせた”ニュースを、編集部の独断と偏見でピックアップ!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

■中島健人、絶妙な“匂わせ”?

 Sexy Zoneがメインパーソナリティを務めるチャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系、8月25日~26日)。番組内でオンエアーされるスペシャルドラマの主演を中島健人が務め、漫画家の故・石ノ森章太郎役を演じることが明らかになった。石ノ森氏といえば、『仮面ライダー』シリーズの作品でおなじみだが、中島は過去にドラマ『仮面ライダー龍騎』(テレビ朝日系、2002年~03年放送)のファンだと公言していた。また、16年1月に「勝利&健人 with ジャニーズJr.」として『ミュージックステーション』(同)に出演した際には、「『仮面ライダー龍騎』世代で、仮面ライダーナイトが超好きだったんですよ!」と興奮気味に話し、変身ポーズまで披露していたのだ。

 そんな中島は、6月~7月開催のイベント『嵐のワクワク学校2018 ~毎日がもっと輝く5つの部活!~』の公演中に、仮面ライダーの“変身ポーズ”らしきもの見せる場面があったと、ファンの間で話題に。公演中はこれがなにを意味しているのか不明だったが、ドラマの発表を受けてファンは「仮面ライダーの変身ポーズ披露してた健人くんが、仮面ライダー原作者の石ノ森章太郎さんを演じるってすごい!」「そういえば『ワクワク学校』の最終日に健人くんがライダーの変身ポーズしてたけど、今思い返すとあれって“匂わせ”だった!?」と、大いに喜んでいる。

 また中島といえば、以前にも新仕事に関する“匂わせ”行為が話題となった。今年12月公開の映画『ニセコイ』への出演が発表になった際、公式携帯サイト「Johnny’s web」の連載「薔薇色の日々」や「KenTeaTime」で中島が“暗号”を発していたことが発覚。中島は17年の秋頃から文章内に「I」「S」「e」といった意味深なアルファベットを紛れ込ませていたのだが、これを繋げると『ニセコイ』と読めることがわかり、中島のサービス精神・アイデアに、ファンは舌を巻いている。

■ジャニーズ公式サイトがリニューアル

 7月10日、ジャニーズ事務所公式サイトの「Johnny’s net」がリニューアルした。これまで、パソコン向けページが「Johnny’s net」、携帯向けページは「Johnny’s web」が主流だったが、リニューアル後は「Johnny’s net」もスマートフォン対応になり、閲覧しやすくなっている。白や黒を基調にしたシンプルなデザインで作られており、サイト内には「シェア」「ツイート」「LINEで送る」と、SNSで拡散できる仕組みも登場。ファンの間では「昨日開いたらメンテナンス中だったジャニネがリニューアルして見やすくなってる!」「ジャニネがスタイリッシュでめっちゃ見やすくなってる。事務所の進化スゴい」と、評判は上々だ。

 一方、かつてアーティスト一覧に「嵐」と漢字一文字で表記されていた嵐は、なぜか「ARASHI」にチェンジ。11日現在、「Johnny’s web」では変わらず「嵐」と表記されているだけに、「ジャニネの嵐は英語表記なんだね。なんでなんだろう?」「ジャニネのアーティスト一覧で嵐が見つからなくて、よく見たらARASHIだった。改名したの?」「嵐はいつから英語表記のARASHIに変わったの? え、グローバル化?」と、混乱するファンが続出している。