TOKIO松岡昌宏、手相を見るのが大好きな城島茂に「人の未来を心配してる場合じゃない」

松岡昌宏

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(FM NACK5)。7月8日放送回は、マジックの話からTOKIOのリーダー城島茂への忠告へと思いがけない方向に話が展開した。

 マジック歴15年というリスナーから、「松岡さんはマジックに興味ありますか?」という質問が届き、松岡は「マジックは僕も好きでしたね」となぜか過去形で回答。自分の話ではなく、「うちで言ったらね、城島さんが好きよ」「テレビとかでよく言ってますけど、あの人いっつも財布によく燃える綿とか入れてるもん」と城島の話へ。

 城島はマジックのほかにも手相を見るのが好きだと明かしながら、松岡は「あの人、なんであんなに人の手相見るんだろうね。自分の未来が危ないのにね」「人の未来を心配してる場合じゃないんだよね、オレから言わせると」と大笑い。城島本人にも常々「人のことより自分の未来をよく考えてほしい」と言っているのだとか。

 そこから城島へのツッコミが止まらなくなったのか、手相を見て「結婚2回するねぇ」と言う城島を想像しては、「やかましいっつうの! お前も1回しろっつうの!」、手を触りながらの「冷え性でしょ?」には「当たり前でしょ、女性は大体冷え性なんだよ、うるせーな!」「古い! やり方が古い!」と容赦がない。しかし、その口調はリーダー・城島への愛を感じさせるもので、最後は「頼むよシゲちゃん!」と楽しげにしめくくっていた。

 マジックといえば、後輩の嵐・二宮和也の特技でもある。以前TOKIOのレギュラー番組『5LDK』(フジテレビ系)では、ゲストの水川あさみがいらないと言っているのに二宮からトランプを押し付けられたと話すと、松岡も「ニノと飲んだりメシ食ったりしてるとさ、3/4くらい手品見なきゃいけないの」と少々うんざりしている様子を見せ、水川も「そう」とうなずいていた。飲み会で話が盛り上がっているにもかかわらず、マジックを延々と見せ続ける二宮にイラっとしてるようだった。

 冒頭でマジックを好き“だった”と過去形で語った一因は、二宮にあるのかも!?