伊野尾慧が「○○プレイ」&戸塚祥太が全裸で登場!? 『トーキョーエイリアンブラザーズ』第1話の展開は?

『トーキョーエイリアンブラザーズ』公式サイトより

 7月23日深夜から放送される、Hey!Say!JUMP伊野尾慧とA.B.C-Z戸塚祥太ダブル主演のドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』(日本テレビ系)。放送前ではあるものの、ドラマ公式サイトでは予告動画が公開されているほか、Twitterやinstagramなどの公式SNSアカウントも活発に投稿を行っており、ファンの期待を高めている。

 原作は、「月刊!スピリッツ」(小学館)で2015年6月~17年1月に連載されていた真造圭伍の同名漫画。自分たちの住む星を離れ、地球を乗っ取るという「地球移住計画」へ向けた現地調査のため東京に来た宇宙人兄弟が主人公で、地球にうまく馴染む“リア充大学生風”の弟「冬ノ介」を伊野尾が、不器用な性格で地球に馴染めない兄「夏太郎」を戸塚が演じる。

 さわやかな雰囲気のドラマキービジュアルから、のほほんとした兄弟物語と思いきや、原作漫画は青年誌に掲載されていたためか、少々“キワドイ”シーンも描かれている。今回ドラマ化が決まったことで原作を読んだファンからは、「一体どのように映像化されるのか?」と疑問の声が上がるほどだ。

 例えば、原作コミックス1巻の冒頭では、大学ですっかり人気者になった冬ノ介が、サークルのバーベキューで訪れた河原で、ある女の子に出会うシーンがある。宇宙人には「触れただけで人の思考を読み取る」という能力があり、冬ノ介は彼女に触れたことで、彼女が好む“ちょっと変わった行い”を知ることに。そして彼女に声を掛け、「君が望んでることは僕も望んでること」と得意の口説き文句で彼女を誘い、そのまま2人はラブホテルへ向かう。

 ホテルのバスルームで2人が行っていたのは、彼女が放尿し、冬ノ介が顔面でそれを受け止めるという、“飲尿プレイ”だった。そんな怪しい行いの最中、「宇宙人本来の姿」のままの夏太郎が突然現れ、初めて見る宇宙人の姿に、彼女は失神してしまう。その後、夏太郎は彼女の額に手を当てて思考を読み取り、「この女のイメージする“兄”をモデルにした」と言って、人間の姿を得る。しかしその際、夏太郎は全裸の状態で、漫画では下半身までバッチリ描かれていた。

 ドラマの放送時間は深夜帯とはいえ、もしこのシーンが原作通りに再現されるとなれば、ファンにとってはかなり衝撃的な幕開けとなりそう。他にも、夏太郎の体がドロドロに溶けてしまう場面や、大型トラックに跳ね飛ばされる衝撃的な展開も。さらに、夏太郎が地球に送り込まれてきた“本当の”理由も明らかになるのだが……。

 どこまで原作に沿って映像化されるのかは不明だが、意外にもハラハラするシーンが多そうな予感。伊野尾・戸塚演じる宇宙人兄弟が東京でどんな姿を見せてくれるのか、放送を楽しみにしたい。