出演シーンをカットでも……『ジャニ勉』が渋谷すばるの痕跡を感じさせる粋な計らい

渋谷すばる

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)。7月4日深夜放送回にて、関ジャニ∞の脱退及びジャニーズ事務所退所を発表していた渋谷すばるが、自身が生み出したキャラクター“へびおじさん”を披露し、笑顔で番組を卒業した。

 6人体制の1回目となる11日深夜放送回では、3年前から始まった、関西の「ええやん」を求めてメンバー2人が街を歩くコーナー「2/∞」(エイトブンノニ)の中から、メンバーのテンションが上がったロケを発表する特別編が放送されたが、この日の放送でファンは渋谷の卒業を実感することになる。

 まず冒頭、コーナーのタイトルバックには関ジャニ∞のメンバーカラーと思しき配色が施されていたが、その中には渋谷のメンバーカラーである赤が含まれていなかった。その後、ロケのVTRがランキング形式で次々と流れていく総集編というべき内容にもかかわらず、渋谷の出演シーンは皆無。この放送を見ていたファンからは、「2/∞名場面でもすばるはいないのね。しかも6色……悲しいなあ……」「一足早くすばるがいないことを実感させられる今日の『ジャニ勉』」「思ってた以上にツライなあ」と嘆く人が続出。

 しかし、番組がエンディングへ差し掛かると、ベストアルバム『GR8EST』の告知テロップと共に、収録曲「無責任ヒーロー」のミュージックビデオが流される。渋谷の姿はカットされることなく映っており、歌声もしっかりと響いていた。

 この『ジャニ勉』による粋な計らいは、その後の関西テレビの公式Twitterでも見られ、放送翌日の朝に、「大阪カンテレ本社1階に設置しているジャニ勉巨大ポスター看板ですが…2018年内は、ずっと展示させていただく予定です。せめて…もう1回。会いに来てくださいね」と、7人バージョンの『ジャニ勉』のポスターの画像を添えてツイート。その文末には7人のメンバーカラーを想起させる絵文字が添えられていた。

 この一連の流れに、放送終了後ファンからは「もうすばるくん、『ジャニ勉』に映らへんねや、無かったことにするんやーって絶望してたらエンディングで『GR8EST』の『無責任ヒーロー』のPV流れてすばるくんが映った……愛を感じる。愛しか感じない……」「ありがたいです、泣いちゃいました」「この配慮泣けるーーー」と番組へ感謝の思いが次々と寄せられた。6人の“新生・関ジャニ∞”の事実上のスタートでもあった今回の放送だが、やはり渋谷の痕跡はそう簡単に消えることはないようだ。