ジャニーズWEST小瀧望、『少クラ』の歓声に困惑!? 「歌うときでもこんなならんのに……」

小瀧望

 若手ジャニーズアイドルが歌やダンスを繰り広げる『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)。「夏」がテーマだった7月13日の放送回では、久しぶりにジャニーズWESTの人気コーナー「Oh my WEST!!」が放送された。

 中間淳太がタイトルコールをした瞬間、客席からは大歓声が。これに対し、小瀧望は「(メンバーの)“やる気”と“人気”が比例してない」とボソリ。すかさず重岡大毅が「やる気はあるよ! あるある!」とフォローしていたが、「そんな(人気)?」と小瀧はどうも腑に落ちないよう。「歌うときでもこんなならんのに……」と大きな歓声に小瀧は首をかしげており、「Oh my WEST!!」の人気ぶりに相当困惑しているようだ。

 今回は昔話をメンバーが即興で再現する「ジャニーズWESTの世界昔話」にて、「一休さん」をやることに。「一休さん」といえば、橋の前に掲げてある「このはしわたるべからず」という立て札をめぐった“とんち”が有名だが、即興とは思えない秀逸なWESTの“とんち合戦”が繰り広げられた。

 一休役に名乗り出た重岡は、「ポク、ポク、ポク、チーン!」と考えを巡らせるものの「わからへん!」と早速本来の話とは違う方向に。すると次は、濱田崇裕が「二休(にきゅう)」という架空の役柄で登場。かと思えば、小瀧も「三休(さんきゅう)」という役柄で現れ、いつの間にか“一休さんもどき”が3人も登場していた。そしてコーナー冒頭はあれだけ納得いかない様子だった小瀧も、即興劇が始まってみればお得意の尾崎豊モノマネを盛り込んできたり、突然英語でしゃべりだしたりと、かなりノリノリでコーナーを楽しんでいたのだった。

 そしてコーナー終了後は、中間が後輩のKing & Prince平野紫耀と永瀬廉に「もしもKing & Princeが世界昔話をやるなら何がしたいか?」というお題を投げる。先輩からの無茶ぶりに2人は動揺を隠せない様子で、「あれは、WESTやからできることやから!」(永瀬)、「(キンプリの)6人中6人に聞いても『無理』って言うと思うよ」(平野)とタジタジに。さらに永瀬は「名物コーナー作り出すって、どえらいことやな!」と語り、改めて「Oh my WEST!!」の人気ぶりに感動していたようだった。

 WESTのチームワークとバラエティ力を見せつけた、今回の放送。キンプリにとってはかなりの試練になりそうだが、彼らもいつか大人気コーナーを持てるようになってほしいものだ。

(吉本あや/ライター)