『いただきハイジャンプ』の新企画「朝活」、テンション低いメンバーが逆に好評

 「Hey!Say!JUMPのメンバーが、世の中の一大事を解決するため、さまざまなロケ収録に挑戦していく」というコンセプトのバラエティ番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)。

 7月14日の放送では、新企画「朝活ジャンプ」がスタート。近年、朝早くからアクティブに活動する“朝活”が流行していることを受け、朝活の達人・勝俣州和から、有岡大貴・知念侑李・高木雄也が朝活の指南を受けることになった。

 今回のテーマは「ビタミンSを貯める」。勝俣いわく、ビタミンSの「S」とはスマイルのこと。そこでメンバーは早朝4時半から海釣りに挑戦したのだが、ロケはスマイルどころか、かなり低いテンションから始まった。ちなみに有岡と知念は釣り初挑戦、タレントとして運を持っているかを試されるロケとなった。

 はじめこそ3人の顔は険しかったものの、船の上から朝日を見たことで早速ビタミンSもアップ。今回主に狙う魚はアジで、助っ人の男性も含め5人で15匹を目標に設定。

 しかし、開始から20分が経過しても勝俣を含めて誰ひとりヒットせず。朝日で上がったテンションも下がり始め、「テレビ的にやばい」「食べられない」などネガティブな言葉も飛び交ったものの、高木の「エンターテイナーだよ、オレら! ここからですよ、ここから」という言葉をきっかけに、全員が徐々にやる気を取り戻し、ついに勝俣がヒット。見事アジを釣り上げることに成功した。

 これを皮切りに、有岡、勝俣、知念が3人同時に釣り上げ、高木もアジをゲット。最終的に釣り上げたのは、アジをはじめ、カサゴ、メバルなど全部で26匹。充実感を味わうことができたが、釣りが終了した時点で時刻はまだ6時半。高木は「もうお昼ぐらいだと思った」というほどで、時間を有効に使える朝活の醍醐味にメンバーは驚いていた。釣り上げた魚は、船上では刺身で、港に着いてからはBBQで食し、3人とも笑顔でロケを終えたのだった。

 この日の放送にファンからは「大ちゃんも知念くんも雄也くんも楽しそうだった! 楽しい企画で見どころもある!」「みんな釣りを素で楽しんでる感じがしてよかった!」「楽しそうに釣りしておいしそうに食べてる姿見られるの最高すぎる!」と概ね好評。

 早朝から仕事開始ということでメンバーはつらそうだったものの、飾らないメンバーの言動や表情はファンの心を掴んだようだ。

(山本純/ライター)