NEWS手越祐也&小山慶一郎が、『THE MUSIC DAY』ジャニーズメドレーを猛練習した理由とは……

手越祐也

 未成年に飲酒を強要した件で、約3週間にわたって芸能活動を謹慎したNEWSの小山慶一郎。彼がメインパーソナリティを務めるラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)は、メンバーの増田貴久が代役を務めていたが、7月3日深夜放送回から小山が復帰した。17日深夜放送回には、「週刊文春」(文芸春秋)で未成年飲酒“疑惑”が報じられた手越祐也がゲストで出演。久々の再会となった2人は、大型音楽番組『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』(日本テレビ系)の裏話を語った。

 冒頭、2カ月ぶりの出演と紹介されながら登場した手越は、「どう桃太郎〜! てごにゃんです」とダジャレを交えながらあいさつ。それを聞いた小山が「いやー、てごにゃん。いいですね〜。来ていただいて。オレね、今ね、非常にメンバーに会いたい」とどことなく寂しげな声。それを聞いた手越は笑いながら「ちょっと! 止めてよ。『KちゃんNEWS』をテンション低くやるの、止めてよ!」と小山にダメ出し。

 小山が「いま急にテンション上がったのよ。ブースに入ったら、手越さんがいて。ああ、いるなあーって」と言うと、手越は「これテンション低くしたらね、なんかわかんないけど、ヤツらの思うツボだから絶対ダメよ!」と、暗に批判する人への宣戦布告ともとれる大胆発言も。それを聞いた小山が「……使いづれえよ(笑)」と苦笑すると、手越は「普段通りやってんのが一番いいわけだから。ファンは喜んでくれるわけですから」と、力強く語ったのだった。

 番組内でリスナーからの『THE MUSIC DAY』でのジャニーズシャッフルメドレーの感想メールを受けとると、小山が「手越さんはあんまり言ってほしくないだろうけど……」と前置きしながら、「この人、めっちゃ練習してました!」と暴露。手越が爆笑しながら「やめとけ、やめとけ」と小山を制止するも、小山は「何回も曲を聞いて、何回も踊ってた」と話し、手越も「やってたよ、もちろん。やっぱ歌詞も覚えなきゃいけないしさ」と認めた。

 とはいえ、小山自身も猛練習していたといい、その理由を「(歌うのは)他のグループの方の曲じゃん。っていうことは、そのグループのファンのみなさんがいるじゃん。そのファンのみなさんに失礼があったらイヤじゃん?」と説明。手越が「わかる、わかる」と頷くと、小山は「『適当にやってんな』とかさ、『歌詞覚えてねえな』とかさ、絶対イヤじゃん。いろいろなものが乗っかってる」とシャッフルメドレーの責任の重さを語ったのだった。

 その思いは他のジャニーズアイドルも同じなようで、手越はシャッフルメドレーのチームを組んだ、V6井ノ原快彦を中心に、KAT-TUN上田竜也、嵐・相葉雅紀、Kis-My-Ft2宮田俊哉の5人で振りを確認し合ったそう。小山も「(V6三宅)健くんがいたから。健くんがもうずっと練習してて。『やりすぎてわかんなくなってきたわ』なんてこともありながら。裏でみんなで練習して」と明かす。小山は最後に「でもいいですね、シャッフルメドレーはね。ジャニーズのチームで臨めるんで」と語り、手越も「そうだね」と同意。小山は「緊張したけど楽しましてもらいました」と話を締めたのだった。

 冒頭の手越の叱咤激励のおかげか、前回よりもさらに明るい雰囲気で話していた印象の小山。このまま元気に番組を続けてもらいたいところだ。