『いただきハイジャンプ』Hey!Say!JUMPがワチャワチャしているキャンプが尊い……!

Hey!Say!JUMP

 Hey! Say! JUMPの冠番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)が7月21日放送された。

 毎回メンバーが、「世の中の一大事を解決するため」体を張ってさまざまなロケに挑戦するこの番組。この日の放送では“夏休みスペシャル企画”として、毎年コンサートのために夏休みが取れないメンバーのために、9人全員で山梨県にてキャンプを行った。

 しかし、「ただキャンプしても面白くない」ということで、「贅沢キャンプ」と「節約キャンプ」のふたつが用意され、「夕食」「絶景」など項目ごとにゲームをし、どちらのキャンプをするか決定することに。

 まず最初は「テント設営」をめぐって、グルグルバットをしてからサッカーのPKでゴールを決めるというゲームが展開され、知念侑李、中島裕翔、岡本圭人、伊野尾慧が贅沢チームに配属。あらかじめ用意された材料を組み立てるだけで工程は終了し、余った時間は巨大ビーチボールで遊ぶなどの余裕を見せていた。

 一方、残りのメンバーは“手作りキャンプ”をするべく、贅沢チームに「めちゃくちゃキャンプっぽくて羨ましい」とからかわれながら、山で木を集めるという過酷なミッションが言い渡される。まずはテントに使用するための木材を森で探し、ある程度集まったら自分たちで加工。テントを組み立てる最中に木材を破損するなどのトラブルに多々見舞われながらも、2時間かけてなんとか5人が眠れるだけの広さのあるテントの設置を完了させていた。

 しかし、まだまだ続くゲーム。設置したメンバーがそのテントで眠ることが決定しているわけもなく、誰がどちらのテントを使用するかはその後の運命に任されていた。

 その後もゲームを重ね、贅沢チームと節約チームを再編成する。贅沢チームは魚釣り、節約チームは手づくりでアイスクリームを作り、涼しい風穴の近くでアイスを楽しむなどのアクティビティなども楽しんでいた。また、それが終わるとこの後はメンバー全員で富士の樹海が一望できる絶景スポットに移動し、広大な景色を全員でベンチに並んで見ながら「すごい」「うそみたいな景色だね」と自然を満喫。全員でキャンプというなかなかない機会を最大限楽しんでいたようだった。

 ジャニーズとキャンプの相性はよく、過去には嵐やKis-My-Ft2もDVD特典映像用の収録でキャンプを行い、名場面が生まれてきた。JUMPの場合も、ネット上では「みんなでわちゃわちゃしてる姿、見てるだけで楽しすぎた!」「番外編とかで1カ月くらいキャンプしててほしいくらい幸せ!」「まさに神回! 9人の男の子たちがキャンプしてるだけの姿になんでこんなに幸せを感じるんだろう」というファンの感想が飛び交っていた。次回は、キャンプ後編。予告ではキャンプファイヤーで火を囲みながら、メンバーが「後輩たちの存在に焦る」などと仕事について本音で語っている姿が映されていた。はたしてどんな名言が出るのか、次回を楽しみにしたい。

(山本純/ライター)