『絶対零度』第3話で自己最高視聴率を記録! 横山裕の男前シーン&関ジャニ∞小ネタにファン大興奮!

横山裕

 関ジャニ∞横山裕が出演するドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)が、7月23日に放送された。平均視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)となり、第1話の10.6%を上回る、自己最高を記録した。

 本作は、俳優・沢村一樹扮する井沢範人を主人公とし、未然に犯罪を防ぐ捜査チーム“ミハン”の活躍を描く、本格刑事ドラマ。第3話は、井沢の妻と娘が殺害された、衝撃的な過去の記憶から物語が始まった。

 一方、ベトナムで殺害され、失踪中だった特殊捜査員・桜木泉(上戸彩)の遺品のノートには、なぜか井沢の名前が記されていた。それを知った桜木の元バディである山内徹(横山)は、桜木の死について井沢がなにか知っているのではないかと思い井沢を問いただすも、飄々とはぐらかされるばかり。そんな中、未然犯罪捜査システム、通称「ミハン」が新たな危険人物をはじき出し、彼らは早速捜査にとりかかる。

 危険人物として予測されたのは若槻真帆(柴田杏花)というエリート大学の学生で、1年前にビルから飛び降り自殺を図り、現在も入院中。しかし、真帆が所属していたテニスサークルのSNSグループに、真帆のスマートフォンから「復讐してやる」というメッセージが送られ、さらに大量の医療用ニトログリセリンを購入していることも判明したことから、ミハンシステムによって真帆が“危険人物”として予測されたのだった。しかし、真帆は昏睡状態が続いているため、真帆本人がスマートフォンを使うことは不可能。井沢らは、誰かが真帆の自殺に対する復讐を画策していると睨み、彼女が所属していたテニスサークルの代表で、学生起業家の湯川司(佐野岳)が経営するカフェバーに潜入するのだが……。

 今回、ファンが注目した横山の見せ場は、ミハンチームの1人である小田切唯(本田翼)が、夜道で湯川に襲われそうになった時、山内が颯爽と助けに現れたシーンだ。緊迫感のある場面だったが、ネット上では「助けに来た山内くんが最高すぎて、リアルに『ヒィッ!』って声が出た」「山内くんー!!! やっぱり助けに来てくれた!!! かっこいいいい(泣)」「やばい! 今の横山くんかっこよすぎた!」と、大興奮の声が飛び交っていた。また、その後も湯川の捜査を続けようとする小田切を心配し駆け寄る山内の姿も描かれており、男らしい彼の一面が垣間見える、印象的な場面となっていた。

 二転三転するストーリーで視聴者を引きこみつつ、湯川の経営するカフェバーの名前が「INFINITY」という、関ジャニ∞ファンにとってちょっとうれしい小ネタもあった第3話。これまでにない存在感を見せつけている役者・横山の活躍も、今後ますます期待したい。