KEN☆Tackey&山下智久が参加した『VS嵐』の現場は、「スタッフの空気がヤバかった」!?

滝沢秀明

 V6三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(bayfm)の7月23日深夜放送回に、タッキー&翼の滝沢秀明が登場。2人が新ユニット「KEN☆Tackey」として参加した、『VS嵐 夏休み3時間SP』(フジテレビ系、26日放送)の収録裏話を明かした。

 『VS嵐 夏休み3時間SP』では、嵐チーム、芸人の山崎弘也率いるザキヤマチーム、映画『劇場版コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命−』チームの三つ巴戦となっており、2人は嵐チームのプラスワンゲストとして、また山下智久は『コード・ブルー』チームとして出演することも発表されており、ファンから注目を集めている。

 番組中、三宅が『VS嵐』の収録について「いやあ、これすごかったね!」と感想を漏らすと、滝沢も「内容はね、言えませんけども」と、放送前の番組を思って内容を漏らすまいとする優等生な返答をしていたのだった。しかし三宅が無邪気に「やっぱさ、オレたちジャニーズなんだよね」と言ってしまうと、滝沢は笑いながら「そうですね(笑)。それ言うとなんか、なんとなくわかりますよね。でも、結果そうなんですよね」と相槌を打っていた。なにやら大きな出来事があったようで、滝沢いわく「途中、スタッフの方の空気がヤバかったですもん」とのこと。

 これまでも何度か『VS嵐』に出演している三宅の中ではパターンができあがっているそうで、「ゲストで出た時はそこそこ良い成績を残すんだけど、プラスワン(ゲスト)で出たときはダメなときが多くて……。だいたい嵐の足を引っ張るパターンになるんだよね」と、今回の番組内容を思わせる発言も。三宅が「面白かったよね。ぜひともこちらは手に汗握りながら見ていただきたいですね」と話をまとめようとするのだが、そこで滝沢から「でも先輩ちょっと足引っ張ってましたよ、最初」と手厳しいツッコミが。「え? そうだった?」と三宅はとぼけるものの、滝沢は「最初(笑)、一番最初!」と具体的に指摘。

 しかし、三宅は「いや、違うんだって! バーカ」「わかってないな〜」と、“疑惑”を全否定。滝沢が「あれはもう計算どおりなんですか?」と話に乗ると、三宅は「そうだよ。オレ、(番組が盛り上がるよう)シナリオを書いてるんだよ」とドヤ声で滝沢をいなしたのだった。

 滝沢が番組の見どころについて「視聴者のみなさんは、健くんのシナリオを楽しんでいただくと」とまとめると、三宅も「壮大な僕のシナリオを楽しんでもらいたい。うん、そうなんだ!」とリスナーに語りかけたのだった。

 話から推測すると、三宅が対決冒頭にやらかしたよう。しかし「シナリオ通り」と主張しているので、視聴者が驚くような挽回があったのかも? ともあれ、26日の放送を楽しみに待ちたいところだ。