嵐・二宮和也&松本潤がボウリング場へ!? 男子学生に握手を求められた2人がとった行動とは?

嵐

 7月26日に放送された『VS嵐 夏休み3時間SP』では、いつものゲーム対決に加え、2年ぶり3回目となる「嵐-1グランプリ」が開催された。

 嵐とゲストがさまざまなレースを繰り広げ、ゲストパネラーが1位と最下位を予想するこのコーナー。メンバーはそれぞれロケを行い、「ウォーターダッシュグランプリ」(櫻井翔、松本潤)、「距離感グランプリ」(大野智、相葉雅紀)、「バレるまでボウリング」(二宮和也、松本)、「ありがとうグランプリ」(嵐)で順位を競った。

 その中でもファンが盛り上がっていたのは、嵐の中で“末ズ”の愛称で親しまれている年少コンビ・二宮&松本が挑戦した「バレるまでボウリング」。その名の通り、帽子と眼鏡だけを着用しボウリング場に行き、一般客に正体がバレるまでの間の合計スコアを競うというもの。レース前は、「ウチ、松本潤いるのに!?」(二宮)、「俺ね、なに隠してもバレるのよ」(松本)とバレる気満々の2人だったが……。

 ボウリング場には一般客が意外と多く、ハラハラする展開に。しかしボールを投げ始めても誰からも声をかけられず、松本は「意外とバレねぇかも……」とポツリ。変装アイテムの眼鏡を外すよう指令が出た後は、二宮が頭の上で手を組んで左右のお客さんから顔を隠す“鉄壁のヒジでガード作戦”を繰り出し、松本も「いいよね、その態勢」と2人で同じポーズをとる場面も。

 結果としては、近くにいた男子学生に気づかれ、声をかけられてしまった二宮・松本ペア。勝負には負けてしまったものの、2人で笑い合う姿や、ボウリングをしているカッコいい姿は、まさにプライベートを覗き見ているような貴重な映像であった。

 ファンからは「揃って帽子被ってひそひそボウリングやってんの、冷静に見たらめちゃくちゃ芸能人のプライベート感出てしまっててすっごいやばい! 見ていいのかわかんなくなってしまう(笑)」「“鉄壁のヒジでガード作戦”に爆笑した! アレ、逆に怪しいでしょ!」「男子学生と握手してあげる2人の優しさ~! うらやましすぎる!」と、貴重映像をかみしめていたようだ。

 放送されるたび、ファンから大反響がある「嵐-1グランプリ」。次回の放送も大いに期待したいところだ。

(吉本あや/ライター)