Hey!Say!JUMP山田涼介、『スクール革命』で知念侑李に完全敗北! “ポンコツ”な一面に萌えるファン続出

山田涼介

 Hey!Say!JUMP山田涼介・知念侑李・八乙女光、ジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」高地優吾と、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良らによるバラエティ番組『スクール革命!』(日本テレビ系)が、7月29日放送された。

 “学校”がモチーフとなっているこの番組は、内村が先生、山田ら出演者が生徒役となり、毎週テーマに沿ったゲストが登場し、タメになる知識が紹介されている。この日の放送では、「スクール革命!的二刀流!ハプニングシーン&未公開シーンスペシャル」と題し、過去放送分のハプニングシーンや未公開シーンなどが公開された。過去11年分の放送の中から懐かしい映像が続々と放送され、昔から番組を見ていたファンはもちろん、新参ファンも楽しめる企画となっていた。

 ハプニングシーンはランキング形式で発表されたのだが、第1位に輝いたのは「スタジオに鳴り響いた叫び声」というもの。番組当初に行われていた、できそうでできなさそうなお題に挑戦するコーナー「できんのか!? デッドorアライブ」の中で行われた「バウンドしたスーパーボールをバケツでキャッチする」に、当時15歳だった知念が挑戦した時の映像が紹介された。知念は内村によってバウンドさせられたボールを、バケツでキャッチすることになったが、勢い余ってボールがスタジオ裏に。次の瞬間、女性の「ああ~ん!」という叫び声が聞こえ、スタジオが騒然となった……という衝撃シーンだった。これはボールを拾おうとして転んだスタッフの声だったようで、番組史に残る大爆笑のハプニングとなった。

 このVTRを振り返り、山田が改めて「スーパーボールバケツキャッチ」に挑戦することに。「ジャニーズモードです!」と自信満々な山田だったが、バケツの中で何度もボールがバウンドしてしまい、結局バケツからボールがこぼれ、チャレンジ失敗に。山田は「おかしいなぁ~」と首を傾げ、悔しそうな表情を浮かべていた。その後、知念が同じ挑戦をすると、なんと難なく成功。なんでもできる“スーパースター”な印象がある山田だが、今回ばかりは“ポンコツ”な一面が出てしまったのだった。

 放送を見ていたファンからも「知念ちゃんに勝てない山田くんがかわいすぎる!」「なんでも完璧にできちゃう知念くんに、いつも失敗しちゃう山ちゃん。2人の対比が最高(笑)」「超キラキラスーパーアイドルなのに、『スク革』では“できないキャラ”な山田くん、愛しすぎる!」と、失敗したにもかかわらず、山田に称賛の声が多く集まっていた。

(山本純/ライター)