KinKi Kids堂本剛、出演作である映画『銀魂』を見ていない! その驚きの理由とは?

堂本剛

 KinKi Kidsの2人が交互にパーソナリティを務めるラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)。7月2日深夜放送回は堂本剛が担当し、8月17日に封切りとなる映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』について語った。

 この映画は「週刊少年ジャンプ」で連載中の『銀魂』(空知英秋、集英社)の実写映画シリーズ第2弾。 2017年7月に公開された前作に続き、 福田雄一が監督を務める。剛は高杉晋助役で出演しており、 前回は剛の写真がプリントされた映画前売り券があっという間に売り切れるなど、ファンから熱く支持されている。

 6月28日には同作のジャパンプレミアが都内で行われたが、 剛はスケジュールが合わずに欠席。剛不在の中、福田監督が「8月くらいになったら、 堂本剛と2人でトークショーでもやろうかと」と発言。さらに、剛が役作りで剃ったすね毛をヘアメイクから渡されたそうで、それをトークショーで配ろうかと語ったのだった。

 今回の放送で、リスナーから福田監督とのトークショーの開催の時期について聞かれた剛は、「やらないですよね、こんなん。スネ毛をプレゼントするって、事務所がOKするわけないでしょ」と苦笑しながらトークショー実現を否定した。

 さらに「僕は最後まで(映画を)見ずに過ごそうと思ってるんですよ。『(銀魂)1』も見てないので」と驚きのカミングアウト。せっかくの出演作を見ない理由について、「見るとしょうもないことやりそうなんで。周りの人がいいって言ってくれてはるんやったら、見いひんほうがよくて」と、役作りのためだと明かした。

 剛は高杉を演じるにあたって「けっこうクールに淡白にやってるほうが、この“お勤め”はいいんじゃないかなって」と判断し、 現場で言われたことを淡々とこなしていたそう。「だから、僕の代わりにみなさんに見ていただいて、いろいろとご感想など送っていただければ」とリスナーに語りかけていたのだった。

 剛の作品へのスタンスに驚かされた今回の放送。劇中ではどのような高杉が見られるのか、今から公開が待ち切れない。