Travis Japan松倉&松田の出会いがまるで「少女漫画」! “運命”を感じる驚きのエピソード

 ジャニーズJr.時代から一緒に活動する機会が多く、昨年11月には揃ってTravis Japanに加入した、松倉海斗&松田元太。2人が出会った当時のエピソードが「少女漫画」のように運命的だと、ファンの間で話題になっている。

 名字に「松」がつき、背格好も似ていたことから「松松コンビ」の愛称で親しまれている松倉と松田。14年5月には、Sexy Zone松島聡がメインのユニット「Sexy 松(Show)」のメンバーに2人が選ばれるも、いつしか活動が終了。翌年、Sexy Zoneが5人体制での活動に戻ると、Sexy 松は事実上の解体を迎えてしまった。

 以降2人はJr.内ユニットに属さず、それぞれ先輩のバックダンサーを務めたほか、松倉は15年にKinKi Kids堂本光一主演ミュージカル『Endless SHOCK 15th Anniversary』に出演。しばらく個々に仕事を続けていた2人だが、昨年11月にTravis Japanの一員として、一緒にメンバー入りを果たした。今年1月発売の雑誌「STAGE navi」vol.19(産経新聞出版)で語ったところによれば、松松コンビはグループに無所属だった時期ですら、「今後も一緒にいる」という強い意志を抱いていたとか。

 同誌では、Travis Japanへの合流を打診された当時の心境について、「僕たち2人は今後も松松としてやっていこうって思いは固まってはいたんですけど、実際どうしていいのかわからなくて」(松田)、「2人が離れることはないと信じてはいたけれど、2人としては限界がある。その中でグループに入れてもらうってことは出来ないかな?って話していた時だった」(松倉)と打ち明けている。2人揃ってのユニット加入は、本人たちにとって大きな転機になったようだ。