KAT-TUN亀梨和也、“世界の料理”にどハマリ中! 「すごく食に興味を持っている」

亀梨和也

 6月30日放送のラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT』(FM NACK5)にて、亀梨和也が“食”について語った。

 現在番組では、リスナーから「世界の美味しい料理」の情報を募集しているのだが、「ロシア料理がおすすめ」というメッセージが届き、亀梨がこれを紹介。そして「ボクもね、そういえば先日行きましたよ! 初めて、ロシア料理!」と声を弾ませてリスナーに報告した。

 亀梨は最近、世界の料理が食べられる店に行くのが好きらしく、先日訪れたというロシア料理店は「ご夫婦でやられてるお店」だったそうで、興奮気味に「めちゃくちゃ美味しかったですね! また行きたいな」と語っていた。店で食べたメニューなどを振り返りつつ、「今、めっちゃ食べたくなってる。いいよね、世界の料理ね、楽しいですよね」とグルメトークを披露したのだった。

 さらに別のリスナーから、今年2月に発売された亀梨のパーソナルフォトブック『ユメより、亀。』(講談社)の感想が届き、ここでも食事にまつわる話題が。リスナーは、あるページに書かれていた「最後の晩餐は、大切な人が作ったご飯を食べたい」という亀梨の言葉に共感したらしく、それを聞いた亀梨は、この発言について自身の考えを明かし始めた。

 亀梨は「今も『最後の晩餐は何がいいですか?』って言われたら、大切な人に作ってもらったご飯がいいな~うん」としみじみと言ったあと、「お腹空いてきたな、フフフ」とごまかすように含み笑い。10代のころは食に興味がなく、仕事終わりに牛丼かラーメンを食べて帰る、という食生活だったことを明かした亀梨。

 そんな青春時代を振り返りながら、「そう思うと今、すごく食に興味を持って」いるらしく、それは世界の料理に興味持っている現在にもつながっているそう。「食事に結構時間をかけるようになったというか……それぐらいしか楽しみがないし」と、 自虐交じりに外食を楽しんでいる近況を語っていた。

 8月4日からはKAT-TUNのコンサートツアー『KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST』がスタートするだけでなく、ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』(テレビ東京系)の放送も控えている亀梨。今回放送されたラジオも音楽番組の収録後に録音していたらしく、「今日、焼き鳥1本しか食べてないから起きてから。すんごいお腹空いてる」とぶっちゃけていた。多忙を極める中ではあるが、美味しい料理を食べてしっかり栄養をとり、最高のパフォーマンスをしてほしいものだ。