A.B.C-Z河合郁人が“同居”を始めた!? 「2日に1回」家を訪れる人物のナゾ

河合郁人

 A.B.C-Zがパーソナリティを務めるラジオ『A.B.C-Z Go! Go! 5』(FM NACK5)。6月30日の放送は、橋本良亮・河合郁人・五関晃一の3人が出演した。

 2018年も半分が過ぎたこの日、「上半期の個人的重大ニュース」をメンバーそれぞれ報告するところから、放送がスタート。まず河合は「リビングの電気(照明)を、オシャレにしました」というごく個人的なもので、シーリングファンがついた照明に替えたのだとか。どんなデザインなのかを2人に説明しながら、河合は橋本に「見たじゃん、この間。家来たじゃん!」と発言。すると橋本も、「行ったんですよ、初めて」と河合家に遊びに行ったことを明かしたのだった。

 河合は照明について熱弁していたが、橋本は「郁人だけでしょ、楽しめるの」とキッパリ。しかし河合は「後輩に自慢する」と反論し、最近よく遊びに来る後輩の話をし始めた。

 その後輩というのは、橋本・河合が主演する舞台『コインロッカー・ベイビーズ』で共演する、ジャニーズJr.内ユニット「MADE」の秋山大河。河合いわく、「もう最近、2日に1回くらい」という頻度で遊びに来ているらしく、橋本が遊びに行った時も河合の部屋にいたのだそう。「住んでますね、それ」と河合と秋山の仲の良さについて語っていた橋本だが、ファンにとってはこちらのほうが“重大ニュース”だっただろう。

 同じくジャニーズアイドルとの交流を重大ニュースとして挙げたのは、五関。「ボクはやっぱりあれかな、『滝沢歌舞伎2018』の振り付け」と、上半期の大仕事だった『滝沢歌舞伎2018』を振り返った。五関は昨年に続き、タッキー&翼・滝沢秀明主演の舞台『滝沢歌舞伎』の振り付けを担当したのだが、始まる前は「前回同様、Jr.曲とか2~3曲振り付けするつもり」でいたのだそう。しかし、打ち合わせに参加した際、「大人がズラ~ッといて、フタを開けたら『全部振り付けしますよ』みたいな(話になっていた)」ということ。思いがけない大仕事になったことが、五関の重大ニュースとなったようだ。

 2018年上半期とともに、A.B.C-Zのコンサートツアー『A.B.C-Z 2018 Love Battle Tour』も前半戦が終了。個人的なニュース同様、下半期もバラエティ豊かな活躍でファンを楽しませてほしいものだ。