「ストローでチュッチュしてるのを盗み見してる」、関ジュ向井康二が三宅健愛を爆発させる

三宅健

 V6の三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(bayfm)。7月2日深夜放送回に、関西ジャニーズJr.の向井康二、末澤誠也、正門良規が出演した。向井といえば、憧れの先輩として三宅の名を挙げる、三宅マニアとしてファンにも知られている。今回の放送では、本人を前にその愛を爆発させていた。

 今回の放送は舞台『滝沢歌舞伎2018』名古屋公演中に、三宅健の楽屋にて収録したもの。三宅は向井の髪質が気になったようで、放送開始早々に「向井くんは本当に、その金だわしみたいな頭はどうしたの?」「髪質がヤバイね。ちょっと触らして」と興味津々で、自ら触ってチェック。その後、「なにこれ、すごいね本当に! あれだよ、小学生の時に理科の実験とかでさ、燃やすやつあるじゃん。スチールウール、それだよ!」とひどい言い草。しかし向井は気分を害するわけでもなく「本番中はサラサラになりますから」とギャグで応答し、三宅を大笑いさせていたのだった。

 そんな三宅と向井だが、実は現在までほぼ仕事上の絡みもナシ。三宅が「向井くんと話をするのなんて、ほぼほぼ初めてじゃない?」と話すと、向井は三宅のことが好きすぎるゆえに緊張して話せなかったとカミングアウト。「行くチャンスはいっぱいあったんですけど、行けないですね」「緊張しちゃって。尊敬する先輩、三宅くんでね……」と三宅を見ずに告白し、他のメンバーに「なんで僕の方を見て言うんですか」「三宅くんの目を見て」とからかわれる始末。

 さらには、仲の良い室龍太を相手に三宅と話す練習をしていたと明かし、三宅に「なにやってるんだよ」と苦笑されていた。また、公演中の楽しみとして、三宅がストローを使ってドリンクを飲む姿を盗み見しているそう。「あれを飲む時、かわいいな〜とか。赤ちゃんっぽいというか」「普段かっこいいじゃないですか、その分、チュッチュしてる三宅くん、いいな」と語り、三宅に「そんなこと思って見てるんだ」と笑われていた。

 その後、勢いづいた向井は「公演中に僕も1カ所、(三宅と)アイコンタクトしたいなって思うときがあるので。どこがいいですかね?」と三宅におねだりし、「知らないよ!」「 まぁ、いつでもいいよ……」と呆れられながらも熱い思いを受け入れてもらっていたのだった。

 これまでもSnow Man佐久間大介や渡辺翔太を虜にしてきた三宅。ライバルは多いが、向井は三宅を振り向かせることはできるのだろうか。