「木村拓哉オフショット」がかわいすぎる&“ジャニオタ”青木アナがTwitter開始!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

ーージャニーズアイドルがファンを“ざわつかせた”ニュースを、編集部の独断と偏見でピックアップ!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

■木村拓哉、ジャニショで写真販売が話題

 7月2日より、「木村拓哉オフショット 第1弾」がジャニーズショップ各店(原宿、名古屋、大阪、福岡)で販売開始となった。新写真は10点以上販売中だが、店舗によってはさっそく“売り切れ”になってしまった模様。また、SMAP及び木村のファンは同店にしばらく縁がなかったためか、「ジャニショ!? スゴい懐かしい響き(笑)」「ジャニショの袋っていつの間に変わったの……?」と、戸惑いの声も見受けられた。

 肝心の写真はというと、海辺で爽やかな笑顔を浮かべる木村の姿が中心で、「拓哉さんの写真、かわいい。海が似合うし、いい笑顔!」「ジャニショの木村くんの写真、見れば見るほど若い~!」と好評だ。

 一方で、ジャニーズショップの写真については事務所の後輩から気になる発言があったばかり。7月1日に行われたコンサート『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me』大阪公演のMCにて、横尾渉が「オレの写真売れないから、個人写真を増やしてもらえない」と、自虐的に話す場面があったという。横尾は藤ヶ谷太輔の撮影に“写り込む”ことで自分が写る写真を増やしているといい、これを聞いた藤ヶ谷は「そうやって給料稼ぐのも……」などと、生々しいトークを繰り広げていたとか。

 ジャニーズショップで販売されている写真の売り上げは、かねてより「タレント本人の給料に関わる」とファンの間でウワサされていたが、横尾の発言を聞いて「やっぱりジャニショの写真の売り上げは個人の給料に反映されるんだ。よし、買いに行こう」と張り切るファンは多い。木村ファンもぜひ、彼の“給料アップ”に貢献してみては!?

■青木アナ、Twitter開始で「チキソーソー」

 熱狂的なジャニーズファンとして知られる日本テレビ・青木源太アナウンサーが、Twitterをスタートさせると発表した。レギュラー出演する『PON!』(日本テレビ系)の公式アカウントが2日午後6時台に情報を投下すると、瞬く間に「いいね」やリツイートが増加。4日正午の時点で、フォロワー数は18万人を突破している。

 また、青木アナがフォローしているメンバーが“ジャニオタ”丸出しだと話題に。日テレの番組関係のアカウントが入っているほか、ジャニーズに楽曲を提供しているミュージシャン・堂島孝平、ヒロイズム、西寺郷太や、NEWSファンにはお馴染みの振付師・air:manも。さらには、関ジャニ∞大倉忠義の父で、居酒屋チェーン「鳥貴族」の大倉忠司社長、Sexy Zone菊池風磨の父でシンガーソングライター・菊池常利までフォロー済み。「青木アナ、風磨パパと忠義パパをフォローしてるあたりさすが」「青木アナのフォロー欄に風磨パパと忠義パパがいて、完全にオタ垢」と、ファンの笑いを誘っている。

 なお、青木アナは3日午後6時56分に初ツイートを投稿。「【テストツイート】 あー、あー、テスッ、テスッ、届いてますか? こちらA・O・K・I、青木アナです。チキソーソー、チキソーソー」というものだが、「チキソーソー、チキソーソー」といえば、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」(1999年)。曲の冒頭、櫻井翔のラップパートが「チキソーソー」と言っているように聞こえるという、ジャニーズファンにはお馴染みのマニアックなネタを意識したツイートのようだ。一発目からジャニオタぶりを発揮した青木アナの今後のツイートに注目したい。