『シューイチ』KAT-TUN中丸雄一が「まじ★すか」ロケで、ライブで使えるアイテムを発見!?

中丸雄一

 日曜朝の情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)でレギュラーコーナー「まじ★すか」を担当しているKAT-TUNの中丸雄一。7月29日放送回では、経済ジャーナリストの渋谷和宏氏たっての希望で「まじっすかTO THEフューチャー」という指令が出され、最新技術&アイテムを調査した。

 まず中丸が調査したのは「犯罪を起こす前の不審者を発見する」という近未来の防犯システム・DEFENDER-X。映像から犯罪者を未然に察知するというシステムで、モニター上で普通の人は緑枠で囲われ、なにか企んでいる人は赤枠になるという。

 このシステムが、精神状態によって無意識に体から出る“振動”を察知し判別しているという話を聞いた中丸は、「DEFENDER-Xを騙せたら本物の役者さんかも」とそそのかされ、「試してみます?」と役者魂に火が点いたよう。これから犯罪を起こす危険人物役に扮して演技をする中丸だったが、モニター上はずっと緑枠のまま。その結果、中丸は見た目で強がって見せても“穏やかな人物”であるということが証明されたのだった。

 また、近未来ディスプレー・Phantomを見た中丸は「うわー、なにそれ! それなに~? なんか魔法陣出てるよ!! まじっすか!」と大興奮。これはLEDライトのついた羽根を回転させることで、3D映像よりも立体的な映像を浮かび上がらせるというアイテム。

 これを見た中丸は「回転すると(ディスプレーの)面が見えないからそれが不思議ですね」と興味津々。そして、「KAT-TUNのライブでこれ……イケるのかな」と早速自分たちのライブに取り入れようと思案。実際にPhantomを手にし、「(今持ってるのは)パフォーマンス用じゃないんでアレですけど、ちょっと工夫したら全然使えると思いますよ」と具体的な改善案も提案していた。

 「うわー! これちょっとKAT-TUNでやらせてくれないかな? マジで」と偉い人を探してキョロキョロ。「お友だち価格でお願いしたいですね」とちゃっかり値段交渉までしている中丸なのであった。

 これにファンは「光系を使う中丸くんなら近いうちに取り入れるよね絶対」「KAT-TUNライブの世界観にPhantomはバッチリ!」「あのLEDのやつめっちゃイイ! KAT-TUNにピッタリ!!」「これ中丸くん、サラッと実現する方向に持ってくと思う」「中丸くんいつかKAT-TUNのライブに取り入れてそう」と、実現を予想する人が多数。

 確かに、KAT-TUNライブの世界観にぴったりとハマっていた今回のアイテム。8月4日から始まる『KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST』には間に合わないとしても、来年のライブでは見られるかもしれない。

(吉本あや/ライター)