マツコ・デラックス、「私をけなすのはアナタだけ」と村上信五を許容!? 自身の“イジり論”も披露

村上信五

 関ジャニ∞村上信五とマツコ・デラックスがMCを務めるバラエティ『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)。7月30日深夜の放送回では、マツコが一般人にイジられ、それを村上がフォローするという、いつもと逆転した2人の姿が見られた。

 今、シニア世代も“YouTuber”として活躍しているということで、「夜ふかし的シニアといろんな動画を撮ってみた件」という企画が放送された。企画名の通り、シニア世代にいろいろなことに挑戦してもらい、YouTubeに投稿されているような動画を撮影。ある女性には、「有名人顔写真当てクイズ」に挑戦してもらった。この女性、実は、以前番組の街頭インタビューにてフランケンシュタインの写真を見せた際、お笑い芸人・くりぃむしちゅーの有田哲平だと言い張っていた過去を持っている人物なのだ。

 この女性はマツコについて「すごい痩せたね、今ね」「だいぶ年だったよね……70(歳)」と、真偽の怪しい情報を出してくる。そんな女性に「この人がマツコ・デラックスなんですよ」とスタッフがマツコの写真を見せると、女性は「違うよ」と真っ向否定。そして「これは男!」と断言し、さらに「デブ」とマツコを直球過ぎる言葉で表現していた。

 VTRを見ながら大笑いしていた村上だが、女性から言われたい放題だったマツコに対し「ちょっと新鮮じゃない? ああいう(イジられる)感じが」と尋ねる。するとマツコは「いつもあなたからけなされてるんで、別に新鮮じゃない」「あなただけですから、私をけなしてくるのは」「あなただけですよ、私の頭叩いてくれるの」と、村上のイジりを許容していることをアピール。さらに「誰かにイジられなくなったら終わりよ」と自論を展開し、番組を締めくくっていた。

 時にファンの反感を買うほどの“村上イジり”をするマツコだが、「イジられなくなったら終わり」という考えを持っているからこその行動なのかも。イジり合いながらもお互いを認め、引き立てあう村上とマツコは、まさに“名コンビ”と言えるだろう。