『キスマイRadio』Kis-My-Ft2宮田俊哉、仲のいい後輩・Jr.佐久間大介へ正直な本音をぶちまける!

宮田俊哉

 8月1日深夜放送のラジオ『Kis-My-Ft2 キスマイRadio』(文化放送)に、北山宏光と宮田俊哉が出演。宮田が、これまで大好きなアニメを通して良好な関係を築いてきたあの後輩への本心を漏らす場面があった。

 宮田は番組にて、7月7日に生放送された大型歌番組『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』(日本テレビ系)の後、メンバーの二階堂高嗣とSexy Zone佐藤勝利、King&Prince岸優太、ジャニーズJr.内ユニット「Snow Man」の佐久間大介と5人で食事に行ったことを話し始めた。はじめに岸を誘ったら二階堂も手を挙げ、送迎の車に乗り合わせたメンバーみんなで行くことになったのだそう。さらに食事の席では、岸が二階堂に「僕、バラエティをやっていきたいんです」と真剣に相談し、二階堂もそれに応じて熱いバラエティ論を語っていたのだとか。

 そんな話を聞いた北山が「オレ、そういうの絶対教えねえから!」とコメントすると、宮田も「ジャンルが違いすぎて。岸にアドバイスできるようなもんじゃない」と苦笑。すると北山も「『お前、辛いもの食ったらこうすんだよ』っていうことはあるけど、『お前、辛いもの食わないジャンルだからね』ってことでしょ?」と笑いながら同意したのだった。

 北山が指しているのは、5月7日に放送された『有吉ゼミ』(日本テレビ系)での、宮田の超激辛グルメチャレンジのこと。汗だくになりながら超激辛ドリアを完食し、共演者や視聴者からも奮闘を絶賛されていた。しかし、この企画は、王道アイドル路線をいくKing&Princeのイメージとは合わないのかもしれない。

 また、宮田は自分がアドバイスできる後輩として佐久間の名を挙げ、「『宮田くんの曲、(コンサートの)ソロ(コーナー)でやってもいいですか?』って。そんなん、やれよみたいな。見たらオタ芸の間にアクロバットとか入れていて、オレよりレベル高いことしてるみたいな」と自虐。北山がサッカー日本代表のポジション争いを例に出しつつ、「宮田は危機感あるの? 佐久間に対して。『オレのポジションやべえ』みたいな」と鋭い質問を投げかけた。

 はじめこそ佐久間と共存したいと言っていた宮田だが、北山に“佐久間のほうがバラエティへの対応力、アニメ好き、アクロバットの名手と引き出しが多いため、宮田よりもニーズが生まれるたら?”とツッコまれると、言葉に詰まっていた。そして最終的には「『佐久間、アニメやめた方がいいよ』ってアドバイスするかな? やっぱそうね、独占したいかな、やっぱね……欲が出てもーた」と笑いながらも正直な気持ちを吐露したのだった。

 かなりのぶっちゃけ発言が飛び出した今回の放送。しかし、そんな刺激的な後輩の存在が、宮田の現在の活躍につながっているのかもしれない。