『いただきハイジャンプ』Hey!Say!JUMP有岡大貴がひたすら“歯磨き”する謎企画に困惑!

有岡大貴

 Hey!Say!JUMPの冠番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)が8月4日放送された。「Hey!Say!JUMPのメンバーが、世の中の一大事を解決するため、さまざまなロケ収録に挑戦していく」というコンセプトのもと、体を張ってさまざまなロケに挑戦するこの番組。NGなしの企画の数々にファンからも高い評価を受けている。

 この日のテーマは「夏休み自由研究企画!」。昨今、音声データや動画の自由研究が多くの学校で認められ始めているのを受け、夏休みの自由研究として真似できるようなものに挑戦。メンバーが日用品を使って作った楽器で、1日に発売されたばかりのグループの新曲「COSMIC☆HUMAN」の演奏にチャレンジした。

 “日用品楽器”演奏に挑戦するのは、サックスの経験がある山田涼介と、楽器演奏経験の乏しい伊野尾慧と有岡大貴。それぞれ担当する日用品は、山田が灯油ポンプとカプセルケース、伊野尾が茶碗と定規、そして有岡が歯ブラシとグラス。日用品楽器の達人指導のもとそれぞれ日用品の特徴を学び、山田は灯油ポンプのリコーダーとカプセルケースのカスタネット、伊野尾は茶碗の鉄琴と定規のベース、有岡は歯ブラシで音の厚みを作り、グラスでグラスハープを演奏していった。

 1人2楽器ずつの演奏となったが、はじめに1楽器終わらせたのは歯ブラシの有岡。音の高低に合わせ口を広げたり閉じたりしながら歯磨きするだけだったので、開始30分ほどで完了。茶碗の鉄琴に苦戦している伊野尾のもとに行き、茶碗を音階に並べて叩いている伊野尾の横でひたすら歯ブラシをするなどの余裕を見せていたが、有岡はその後グラスハープに苦戦。山田は持ち前の音楽センスでリコーダーとカスタネットを順調にクリアし、伊野尾も早々に収録を終わらせると100円ショップに赴き、バケツやフライパンなど購入。音にさらに厚みを持たせるべくドラムも追加していた。

 収録が終了し、早速すべての音声を合わせて聞いてみると、日用品ならではの味のある演奏に。3人は演奏風景も併せて見ながらその仕上がりに爆笑し、演奏後には「素晴らしい!」と笑顔も。しかし、最後には伊野尾の「ただね……歯ブラシいる?」と突っ込みも。それに対し有岡は「いるでしょ!シャカシャカ!」と反論したが、「16ビート!……あれ、8ビート?」と首をかしげるという完璧なオチまで付いていた。

 この日の放送に視聴者からは、「本業を遊びにしていい感じ!」「ひたすら歯ブラシする有岡くんウケた(笑)」「大変そうだけど見てる方は新曲も堪能できて満足だったな」といった声が集まっていた。

(山本純/ライター)