「ベストコンビ大賞2018」第1位は伊達じゃない!? Sexy Zoneマリウス&松島、ラジオでずっとイチャイチャする

松島聡

 8月4日放送のラジオ番組『らじらー!サタデー』(NHKラジオ第1)に、Sexy Zoneの松島聡とマリウス葉が出演。互いへの愛を感じさせるやり取りがあった。

 リスナーから「平成最後の夏にやりたいこと」について質問を受けた2人。マリウスが「夏らしいことをやりたいなと思う、1つだけ。コンビニで花火を買って、花火をつけて写真を撮ってとか。カキ氷もまだ食べてないもん!」と夏の風物詩に思いを馳せると、松島が「じゃあ、一緒に食べにいきましょうか?」とすかさず誘いの言葉をかける。そんな松島の言葉に、マリウスが「お、言ったね!? 約束?」と弾んだ声を出すと、松島は「多分、うん」と笑いながら返事をし、マリウスに「多分!?」とスネられていたのだった。

 リスナーほったらかしで仲良しぶりを炸裂させていた2人は、対決企画「Sexy Zoneの恋の花火、打ち上げない?」でもラブラブムード。この企画は、花火大会で彼女(リスナー)に甘い言葉をささやく、なんともアイドル的な企画。まず松島が「あの展望台で、好きな人と花火を見たら、付き合えるんだって。だから、一緒に行こう?」と彼女役のセリフを読み上げ、これに対してマリウスが甘い言葉を即興で考えるのだが、まさかの勘違いをしてしまう展開に。マリウスは「聡ちゃん! みんなのためにさ、タコ焼き買いに行かない?」「僕、前から、実は聡ちゃんのこと好きで。展望台、一緒に行ってくれませんか?」と、彼女役ではなく松島に宛ててセリフを考えるという、痛恨のミスを犯してしまったのだ。

 この様子をずっと“忍び笑い”で聞いていた松島は、「ちょっと待って! 全然いいよ、一緒に行くし、全然花火一緒に見たいんだけど……。これ、僕じゃないよね、相手ね!?」とツッコミ。マリウスはここでようやく間違いに気がついたらしく、「聡ちゃんじゃないの!?」と驚愕。松島は苦笑しながら「そんだけ僕のこと好きでいてくれるの、そりゃうれしいですけどもね。全然いいんだけど、リスナーの皆さん“?”だったと思うよ!」と優しく間違いを指摘していた。

 そんな2人の相性の良さはファンにも知られるところで、アイドル誌「WiNK UP」2018年9月号(ワニブックス)にて発表が行われた、恒例読者投稿企画「ベストコンビ大賞2018」で栄えある1位を獲得。記念インタビューでは、松島が「ボクはマリウスがシンメじゃないジャニーズ人生は、全然想像がつかないな…」と語っており、マリウスも「うれしい! ボクも同じ気持ち」「これからも長くいい関係性でいたいね」と応答するなど、相思相愛ぶりを見せつけていた。

 今回の2人のやり取りは、ベストコンビ大賞に選ばれるのも納得! 来年も第1位に輝けるよう、末永く仲良しでいてほしいものだ。