『KちゃんNEWS』加藤シゲアキ、過酷な撮影現場での担当マネジャーの行為に不満!

加藤シゲアキ

 NEWS小山慶一郎がメインパーソナリティを務める『KちゃんNEWS』(文化放送、8月7日深夜放送)に加藤シゲアキがゲスト出演し、ドラマ撮影現場の裏話を語った。

 番組冒頭、小山が「ドラマの撮影中にこの暑さ、影響は……?」と加藤に質問すると、加藤は「でもスタジオなんスよ。(ドラマを)見てくれた人はわかるのかな。もう今ね、水槽で水浸し。水責め的なゲームなわけよ」と撮影現場について説明。続いて「人肌の(温度の)お湯で責められてる感じで。上がったらめっちゃ寒いのね! だからオレの周り、カイロとストーブ!」と過酷な状況で撮影していることを明かした。

 加藤は現在『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)で主人公・宇海零を演じている。8月5日放送の第4話は、ゼロが末崎(ケンドーコバヤシ)とセイギ(間宮祥太朗)の兄弟と3人1組で「迷宮のトライアングル」というゲームに挑戦するというストーリー。そこでゼロは水槽の中に入れられ、ゲーム主催者からの問題に30分以内に答えないと、出題と同時に注がれる水で溺死してしまうという内容だった。

 撮影の裏話を聞いた小山が驚いていると、加藤は「やっぱね、大変だね、ドラマって」としみじみ。小山が「いや、でも主役ですからね……」とねぎらうと、加藤は「そういう意味では、今まで主役やってきた人たちってすごいなってことも思う」と主演役者の苦労を思いやった。

 その後、小山は思い出したようにとあるエピソードを披露。NEWSのメンバーとマネジャーがグループメールでやりとりをしている時に、ある案件の確認事項に対し、いつもなら返事の早い加藤が返事をしなかった時があったのだという。そこで小山がマネジャーに加藤の状況を質問すると、マネジャーは「加藤さん今、水槽の中にいます」と返事をしたのだとか。

 小山がそのマネジャーの説明の仕方について笑いながら「枕言葉がよくわからへん」と言うと、加藤も「そういうとこあんのよ、あのマネジャー!」と不満げ。小山がラジオ収録の場に居合わせたマネジャーに確認したところ、わざと面白くボケたとのことで、それを聞いた加藤は「オレ、それがムカつくわけ! なに人が水浸しでやってる中、ボケてくるの?」と苦笑しながらツッコんでいた。

 苦労しながらも楽しげに撮影をがんばっている加藤。体調を崩さずに無事クランクアップまで駆け抜けてほしいものだ。