「ジャニオタによるジャニオタだけのイベント」がアツイ! ジャニーズDJイベント主催者に聞く、“本人不在”だから楽しいワケ

 コンサートに行ったり、テレビ番組を見たり、CD・DVDを購入したり……ジャニーズアイドルを楽しむ方法は、ファンによってさまざま。SNSの普及により、ジャニーズを通じて集まったファン同士の交流が非常に活発になり、“ファン発信”でイベントが生まれることも珍しくない。

 そんな中でも、コアなファンから絶大な人気を集めているのが、ジャニーズアイドルの楽曲だけを流すVDJイベント『YOUたち!おどっチャイNIGHT!』。デビュー組からジャニーズJr.まで幅広い層のファンがライブハウスに集い、ペンライトやジャンボうちわを片手に、担当への愛を叫んでいるとか。

 『YOUたち!おどっチャイNIGHT!』に参加したことがあるファンは、「Twitterでたまたまこのイベントを見かけて参加した」(Kis-My-Ft2ファン)、「Twitterでイベントを知って、友人を誘って来た」(嵐・Jr.ファン)、「ジャニーズのDJイベントを探してて、Twitterで見つけた」(関ジャニ∞・KAT-TUNファン)など、SNSがきっかけでイベントを知った人がほとんどだ。

 また、参加者は同イベントの魅力について、「アイドル本人がいない方が、思い切り騒げるんです。ファンだけしかいない空間で、ファンだけで盛り上がりたい時に来ます」(KAT-TUNファン)、「もともとは渋谷・六本木にある普通のクラブに通っていたけど、そっちからは足を洗って『おどっチャイNIGHT!』に。もう7年ほど通っています。変に絡んでくる人もいないし、こっちの方が安全で楽しいです。今はもう、“クラブより『おどっチャイNIGHT!』”ですね!」(NEWS・Jr.ファン)、「この前初めてイベントに参加したんですが、何も持たずに行ったら、ペンライトを貸してくれた方がいて、そのおかげですごく楽しめました。ファン同士の交流があるのはうれしいです」(関ジャニ∞ファン)などと話していた。

 ジャニーズアイドルが会場に出没! ……なんてことは、残念ながら今のところないようだが、それでも毎回100人以上の参加者がいる『YOUたち!おどっチャイNIGHT!』。一体このイベントはどのようにして始まり、いかにして大人気イベントに成長したのだろうか。その秘密を探るべく、主催者であるnukkieさんに話を聞いた。

■SNSの“口コミ”がイベント拡大につながった

――『YOUたち!おどっチャイNIGHT!』を始めたきっかけを教えてください。

nukkieさん もともと音楽好きの仲間でDJイベントをしていたんですけど、その中にジャニーズを好きな人がいて。「そういえば、ジャニーズのDJイベントってなくない?」みたいな話になったのがきっかけです。

 自分自身、ジャニーズのコンサートに行って「お酒飲みながら楽しみたいな」とか「もう少し大きな音ではしゃぎたいな」と思っていたので、きっと他にもそういう楽しみ方を求めている方がいらっしゃるんじゃないかと思って、始めてみました。

会場はコンサートさながらの盛り上がり!