「SixTONESの笑いのレベルが上がってる!」A.B.C-Z河合郁人が絶賛した“モノマネジャニーズ”は?

 若手ジャニーズアイドルが歌やダンスを繰り広げる『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)。8月10日の放送は、久しぶりに復活したコーナー「ふみキュンのリズム4ゲーム」が行われ、Snow ManとSixTONESのグループ対抗戦が放送された。

 「1、2、3、4」のリズムに合わせ、順番にモノマネをしていくだけのシンプルなコーナーだが、リズムに合わなかった場合や、コーナー司会の河合郁人・A.B.C-Z戸塚祥太からNGが出ると失格というルール。今回はグループ対抗戦ということで、Snow Manからは宮舘涼太、深澤辰哉、佐久間大介、SixTONESからはジェシー、京本大我、森本慎太郎が選ばれた。

 今回は全員のモノマネレベルがかなり高く、観客席のファンも視聴者もドハマりする人が続出。「結構すごいな、みんな。すごいな~」と戸塚は感心しきりだったが、特に森本が披露したモノマネに会場が大爆笑。銃を構えたポーズで、前後左右に進む方向だけを変えた「V6岡田准一」「ジャック・バウアー」「トム・クルーズ」の“モノマネ三段活用”は、ちょっとズルいながらも完成度が高く、河合・戸塚も大声を出して笑っていた。

 しかし、「ジャック・バウアーのフリに岡田くんを使うな!」と河合に注意され失格に。とはいえ、最終的には「おもしろさとしては100点!」と河合からこれ以上にない褒め言葉をもらった森本。さらに「どこ行ってもそれウケるよ!」とお墨付きをもらうと、「“世界進出”も夢じゃない!」と真剣な顔でコメントし、再び笑いを誘っていたのだった。

 この流れで、次はジェシーが「PPAP(ピコ太郎)」のモノマネを披露。しかし、ジャニーズタレントのモノマネではないため河合が失格を告げると、PPAPのお馴染みのポーズで「ヴン!!」と言ってはけていったジェシー。これには河合も膝から崩れ落ち「くそ~! SixTONESの笑いのレベルが上がってる!」と悔しがっていた。最後に残った京本も、「帝劇ガヤさん」「雑誌のガヤさん」「バラードガヤさん」とKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔のモノマネばかりを連続で披露し笑いをさらう。グループとしてお笑いレベルは、相当高くなってきているようだ。

 これにはファンも「『ふみキュンのリズム4ゲーム』で死ぬほど笑ってる、最高!」「みんな芸達者すぎて最高におもしろい!!! ずっと見てたい!!!」「慎太郎の岡田くん~ジャック・バウアーのくだり面白すぎてめちゃくちゃ笑った」と、『ふみキュンのリズム4ゲーム』についてSNS上でコメントしている人が続出していた。Snow ManとSixTONESのお笑いレベルの高さを証明した放送回となったようだ。

 (吉本あや/ライター)