ジャニーズWEST濱田崇裕の“英語力”がアップしてる!? 『エージェントWEST!』で見せた奇跡

濵田崇裕

 ジャニーズWESTのメンバーが「人に役立つミッション」に体当たりで挑むバラエティ番組『エージェントWEST!』(朝日放送)。8月11日深夜の放送では、英語が話せない濱田崇裕が外国人観光客をおもてなしする「リアルJAPANナビゲーターHAMADA」が放送された。

 濱田が今回ロケに訪れたのは、外国人観光客が多い東京・浅草。早速、1人の外国人男性に濱田は「Where are you from?(どこから来たんですか?)」と声を掛ける。すると男性は「Bulgaria(ブルガリア)」と答えたのだが、濱田はこれがまったく聞き取れず。いつまでたっても「ブルガリア」が聞き取れない濱田は、結局、おもてなしをする前に男性に逃げられてしまうのだった。

 前途多難のスタートとなった今回のロケ。その後も声を掛ける外国人観光客に逃げられてしまう濱田だが、ようやく1組の外国人カップルと出会う。濱田は再び「Where are you from?」と声を掛け、男性が「I’m from Germany.(ドイツだよ)」と答える。しかし濱田はこれも聞き取れず、突然“国名当てゲーム”が始まってしまうのだった。

 どうしても「Germany」が聞き取れない濱田は、「ジャメニ!?」と意味不明な単語を発して考え込んでしまう。すると男性が「Europe.(ヨーロッパの国だよ)」と濱田にヒントを授け、正解に導く。しかし濱田、今度は「Europe」を「You love」と、ある意味見事な聞き取り能力を発揮し、「You love ジャメニ?」とさらに迷走。しかし、その後も男性から追加ヒントが与えられたことから、ようやくドイツから観光に来たことが判明。そしてなんとか、2人に日本の観光スポットを紹介するまでにこぎつけたのだった。

 日本文化に興味があるというこのドイツ人カップルに、濱田は書道パフォーマンスをナビゲート。たどたどしく英語でナビケートを続ける濱田だったが、大きな紙の上に力強く筆を運ぶ書道パフォーマンス体験に、かなり満足した様子だった。外国人カップルが濱田に感謝の言葉を英語で述べると、濱田は自然と日本語に訳し、しかもその意味がほぼ正解という奇跡が起こる。これには濱田本人も「わかったのがすごい!」と、英語を理解できていることに誰よりも驚いていた。濱田の頑張りに対してファンからは、「濱ちゃん一生懸命でかわいい! 癒やされた~」「英語ができてなくても、気持ちで通じててスゴイ!」と感心していた。

 また、濱田の英語に爆笑していたスタジオのメンバーの中で唯一、中間淳太だけは濱田の英語が上達していると評価。中間といえば、日本語・英語・中国語が話せるトライリンガルとしてファンから知られているが、そんな彼が濱田の英語力を評価したのは、一歩前進した証拠だろう。いつかこの企画の中で、英語がペラペラになった濱田の姿が見られるかも……?

(アズマミサト/ライター)