中居正広のリアルな独身ライフ&Love-tune安井がもらった“奇妙なプレゼント”【週刊Jトピ!ざわつき通信】

ーージャニーズアイドルがファンを“ざわつかせた”ニュースを、編集部の独断と偏見でピックアップ!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

■Sexy Zone菊池、King&Princeコンで“舌好調”

 8月10日に神奈川・横浜アリーナで開幕したKing&Princeのデビューコンサートツアー『King&Prince First Concert Tour 2018』。2日目の昼公演にはSexy Zone菊池風磨が見学に訪れ、BOX席に座りながらもマイクを持ってMCに参加したという。「CDデビューおめでとう」と改めて祝福した菊池は、プライベートでも親交のある岸優太に関し、「俺の後ろひょこひょこついてきたのに、今では上から手を振るようになっちゃって」とチクリ。先輩にイジられた岸は、焦った様子で「角度的に仕方なかった」などと弁解していたとか。

 さすがのトーク力で場を盛り上げたところ、キンプリメンバーからステージに来るよう誘われたが、菊池は「勘違いしないでほしいんだけど、僕(ジャニーズ)Jr.のヴァサイェガ(渉)を見に来てるから!」と断り、オチをつけたとのこと。会場にいた人たちは「最後まで風磨節でMC盛り上げてた」「風磨くん、『Jr.のヴァサイェガ見に来てるから!』の先輩芸も笑った」と喜んでおり、一瞬の登場でもファンに強烈なインパクトを残したようだ。

■中居正広46歳、チゲ鍋作りで指を切る

 8月11日放送のラジオ『中居正広 ON & ON AIR』(ニッポン放送)で、8月18日に46歳の誕生日を迎える中居正広が、リアルな独身ライフを語った。オープニングトーク後、「指切った、俺!」と話しだした中居は、「白菜切ってたら。チゲ鍋食べようと思って(笑)」「このクソ暑い中で、『今日はチゲ鍋だ!』と思って」と、自炊をする過程で指を切ったと告白。なんでも、「白菜の黒いブツブツ」を切り落とし、まな板にそのまま不要な部分を残して「本チャンの白菜」をカットし始めた際、ケガをしてしまったとか。中居は「あの魔法の、あの絆創膏みたいのあんじゃん? 魔法のやつ(笑)」と説明しながら、“魔法のやつ”を傷口に貼り、安い絆創膏でグルグル巻きにしていると明かした。ケガをしたのは左手の親指だといい、指が使えないため「ストレスだわ、これ」と嘆いていた。

 この話にファンは「魔法の絆創膏とか、この暑い中チゲ鍋を食べようとした中居くんがかわいすぎる」「中居くん、頑張って自炊しようとしたのにケガしちゃうところ愛おしい」と、母性本能をくすぐられた様子。ラジオの放送後、『なかい君の学スイッチ』(TBS系、13日放送)では本人の発言通り、絆創膏をしている中居の指が映る一幕も見られた。

 中居は指にケガをしやすいのか、ファンの間では定期的に絆創膏をする姿が確認されている。数年前には右手人差し指に黒い斑点ができ、絆創膏や包帯でカバーしていたことや、ドライヤー使用時に傷を負ったという話もあるほど。今年6月23日放送の同ラジオで、リスナーから「中居くんはよく指をケガしていますが、なんでそんなにケガが多いんでしょうか?」と質問を受けると、「紙で切るんだよなぁ~」と述べ、傷口が気になって舐めたりしてしまうため、「ちょっと切っただけでもすぐ絆創膏する」と答えていた。自炊生活は良いことだが、今後も調理などには細心の注意を払ってほしいものだ。