『三宅健のラヂオ』「なんとも言えない時間が流れていた」――V6三宅が『夜会』サプライズの感動秘話を明かす!

三宅健

 V6三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(bayfm)8月13日深夜放送回にて、三宅が7月19日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)での自身のバースデーサプライズについて語った。

 『夜会』では、舞台『滝沢歌舞伎』で三宅と共演する滝沢秀明やジャニーズJr.が、三宅の39歳の誕生日に“バースデーサプライズを仕掛ける”という内容を放送。滝沢から三宅への手紙が読まれたり、三宅の楽屋からステージに続く廊下にデビューから現在までの写真パネルが飾られたり、滝沢とJr.たちが「WITH LOVE」の楽曲を披露したりと、後輩から思いを込めたプレゼントが贈られたのだが、番組のカメラは三宅の涙を捉えることはできず。『夜会』のカメラが撮影していたことを知り、「(感動が)急に冷めたな」と言い放つなど、“いつもの三宅”がカメラに収められていたのだった。

 今回の放送でリスナーからの『夜会』の感想メールを読んだ三宅は、「(オンエアでは)すべてが切り取られていない」と裏話を語り始める。

 三宅によると、楽屋からステージに渡る200mの写真パネルには滝沢をはじめ後輩たちからのメッセージが書いてあり、「それを読んで回ったんですけども。泣けるようなことが書いてあったりするんですよ」とのこと。「WITH LOVE」ではバックで踊るJr.と「一人一人目が合うんですけど、忙しいんですよ、こっちは! 目が合うJr.のことも見てあげなきゃいけないし、後ろに出てくるスタッフ、Jr.たちからのメッセージも見なきゃいけないし。歌ってる滝沢も見なきゃいけないし。もう忙しいわけ」と述懐。

 さらに踊りながら目を潤ませるJr.も多かったそうで、三宅は「中には泣きながら踊ってる人もいるし。あれね、(泣き顔がテレビに)映ってるの向井(康二)くんだけですけど、意外とみんなもう、めちゃくちゃウルウルしてましたよ!」と明かしたのだった。さらに三宅は、サプライズがJr.の結束力を固め、そのあとの『滝沢歌舞伎』千秋楽で号泣する者が続出したのだろうと推測していた。

 また、三宅は番組の構成について「僕の顔なんてどうでもいいから、あの子達を映してあげてほしかったね」とコメント。「もちろんバラエティですから、僕も笑いにしてましたけども。なんとも言えない、あの空間にしか流れない“いい時間”が流れていて……」と残念そう。三宅はオンエアではカットされていたという共演者たちへのコメントが「今までの誕生日の中で、この39歳の誕生日が過去最高感動したかも」だったことを明かし、「そのくらい、とってもいい時間があの空間には流れていて、もうそれがなんにも収まっていないのはもったいない」と悔しがっていた。

 その後、三宅は滝沢とJr.が写真パネルに寄せたメッセージをすべて音読。そしてサプライズを成功させるにあたって尽力した『滝沢歌舞伎』のスタッフたちに向けても言及し、「幸先のいい39歳の年が始まったなって感じで、僕としてはとってもとっても幸せな一日でした。本当にみなさん、たくさんの思いを、愛を、ありがとうございました。みんなのこと、大好きです!」と素直に感謝していた。

 同番組でもたびたび滝沢やJr.に対する深い愛情が垣間見えていた三宅。照れ屋な彼から素直で温かい言葉が出たことが、三宅の感動の大きさを表しているのではないだろうか。