田中聖、木村拓哉の娘「Koki,」に間違えられる&堂本剛が『サマソニ』で音楽ファンを魅了!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

堂本剛

ーージャニーズアイドルがファンを“ざわつかせた”ニュースを、編集部の独断と偏見でピックアップ!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

■田中聖、いろいろ間違えられる

 8月16日、元KAT-TUN田中聖が自身のTwitterに「何て書いてあるかは分からないけど、多分だけどそれ俺ちゃう…」とツイートしたことが、ジャニーズファンの間で話題になった。引用した元の投稿は台湾のネットニュースで、木村拓哉&工藤静香夫妻の次女であるモデルKoki,に関する内容だったが、「#木村拓哉」「#Koki」のハッシュタグとともに「@koki1105t」というTwitterアカウントが記載されていた。このアカウントは「Koki Tanaka」名義の“田中聖”のものだが、配信元がKoki,のアカウントだと間違えたのか、田中に通知が来てしまったようだ。

 田中のツッコミを見たフォロワーやジャニーズファンの間では「こっちのKokiって木村先輩の娘の方じゃん。間違いなく田中聖じゃない(笑)」「木村拓哉の娘のkokiなのに、田中聖がタグ付けされて、本人がコメントしてて笑える」「キムタクの娘の方か。Koki違いに爆笑」と、笑いが漏れる事態に。一方、田中がGoogleの画像表示において、元同僚の赤西仁と間違えられた一件を思い出す人も。昨年2月、田中は同じくTwitterで「Googleさん…それ田中聖ちゃう…」と投稿。現在は直っているものの、この時期はGoogleで「田中聖」と検索すると、なぜか名前やプロフィールと一緒に赤西の顔写真が表示される仕様になっていたのだ。昨年は写真、今年は名前をめぐって巻き込まれる、ちょっと不憫な田中なのだった。

■堂本剛、サマソニで音楽ファンの心をつかむ

 昨年、突発性難聴による体調不良の影響で夏フェスを欠席した、KinKi Kids堂本剛。今回はソロプロジェクトの「ENDRECHERI」として、大阪・東京の『SUMMER SONIC 2018』(8月18日、19日)に登場した。ネットユーザーのレポートによれば、堂本はMCなしでひたすら“ファンク”な楽曲を歌い切り、約50分にわたって観客を魅了したという。終了後、ジャニーズファンではないとみられる音楽ファンから「ENDRECHERIがファンクすぎて最高だった……MCなしでひたすらガチのファンクをかましてくれた! たぶんサマソニ前半戦のベストアクト」「今日のサマソニ、ENDRECHERI見て帰るだけでお釣り出るレベルでめちゃくちゃよかった」と、興奮気味のツイートが続出するほどの盛り上がりに。その中には「ENDRECHERI、良かったので会場内のブースでCD買った」と、今年5月リリースのアルバム『HYBRID FUNK』を手に持った写真をアップする人も見受けられた。

 今回は耳の不調と戦いながらのリベンジとなっただけに、剛ファンも感慨深い気持ちになったのか、「エンドリさん音楽を聞いた人が『楽しかった!』『良かった!』っていうツイートをしてて、こっちまでうれしくなる」「Twitterがサマソニの感想であふれてて泣きそう……剛くんが求めてたこととかが少しずつ現実になって、エンドリ始めて本当に良かったね!」と、喜びの声があふれている。

 音楽フェスといえば、近年はTOKIOや関ジャニ∞の活躍が大きな注目を集めた。2014年にはTOKIOが『JOIN ALIVE 2014』と『SUMMER SONIC 2014』に出演し、ジャニーズ初の「夏フェス参戦」と話題に。特に『サマソニ』はTOKIO目当てに多くの人が会場に駆けつけ、「入場規制」も起こったほど。現地で演奏を聴いたTwitterユーザーは「TOKIO、マジで歌も演奏も上手かった」などと絶賛していた。

 さらに、バンド系グループでは、関ジャニ∞も昨年5月の『METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017』で野外フェスに初登場。こちらも「発表時は、ジャニーズがメトロック!? と思ったけど、普通にバンドしてる。ファンになった(笑)」「関ジャニ、音がかっこよすぎてヤバい。ジャニーズすげー!」と、音楽ファンにも認められたのだった。ジャニーズの音楽フェス参戦に違和感を抱いていた人までをも夢中にさせることができたのは、何よりも本人たちのミュージシャンとしての誇りと努力の賜物だろう。