『KちゃんNEWS』は2年半ぶりにメンバー全員が集合! 味スタ公演の衣装やエンドロールなど秘話を明かす

NEWS

 NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)。8月21日深夜放送回は、もともとは手越祐也がゲストの予定だったが、タイミングが合ったということで加藤シゲアキと増田貴久も参戦。4人でこの番組に出演するのは2年半ぶりということで、和気あいあいとした空気の中、番組は進行した。

 NEWSといえば、8月11日・12日に行われた東京・味の素スタジアムでの結成15周年記念ライブ『NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 Strawberry』を成功させたばかり。今回の放送が収録されたのは公演5日後だといい、4人はリスナーからのライブの感想を読みながらライブを振り返った。

 リスナーからの「特にここに感動したという場面はどこでしょうか?」という質問メールを読み上げた小山は、「すごかったじゃん? 例えば『U R not alone』の歌声もそうだしさ」と感慨深げに話しながら、「一番はほんとに、エンドロールの(新曲の)『生きろ』をファンの方が歌ってくれたとこ!」と回答した。すると加藤が「聞いてたの? あんな顔しながら。聞けてた? 小山さん、顔……」と笑いを堪えきれず。

 加藤によると、ファンの歌声に感動した小山は、顔がグシャグシャで般若のようになっていたそう。小山は「最後の最後までファンの方が……だってまだ(「生きろ」のCDは)発売してないんですよ?」と、感激した理由を語る。公演初日のエンドロールは途中で「生きろ」の曲が切れるようになっていたが、ファンが歌っていることを知ったNEWSスタッフが急遽2日目のエンドロールを最後まで聞けるように変更したそう。スタッフを動かすほどのファンの熱量に、4人は感謝していたのだった。

 ちなみに、リスナーからは楽曲「share」を歌った際の衣装への感想が多かったそう。これは小山がツアー『EPCOTIA』のオープニングで来ていた紫の衣装、手越が『White』ツアーで着用したピンクのフード付き衣装、加藤がツアー『NEVERLAND』の迷彩柄の衣装、増田がツアー『QUARTETTO』の蛍光黄色の衣装と、それぞれのメンバーカラーを着ていたというもの。曲披露前に流されたVTRで増田が「4年前からこの日のために考えていた衣装」と言っていたこともあり、リスナーからの感想には「この人は天才なのかと頭を抱えた」というように熱烈な文章もあった。

 気を良くした増田は、「野外のライブだしオープニングから軽めとか面白いんじゃない?」という手越と小山の言葉や、「夏祭りだからハッピ、シゲからのオファーで『NEWSニッポン』(の衣装)を今のオレがデザインしたらみたいな……」などと、メンバーの意見をもとに作ったことを明かした。

 ライブの最後に流された映像がTシャツのデザインに反映された衣装は特に強いこだわりがあったそう。ツアー『NEVERLAND』の際に作ったメンバーの顔が写っているTシャツに関して、増田には「メンバーの顔が動いてたら面白いのに……」という後悔が残っていたそうで、今回はそのアイデアを実現させたとのこと。「Tシャツの絵が実はムービーで……っていうのがやりたくて!」と満足げな声で語っていたのだった。

 今回の公演に関しては、いつも以上にチケット争奪戦が繰り広げられ、落選したファンの悲鳴がSNSなどで飛び交っていた。一刻も早いライブDVDの発売が望まれるところだが、発売された際にはこういったメンバーの裏話や解説を聞きなおし、コンサートの演出にも目を凝らしてみたいものだ。