関ジャニ∞横山裕の“コミカル”な演技が好評! 6週連続で視聴率2ケタキープ『絶対零度』第8話

横山裕

 関ジャニ∞横山裕が出演するドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)の第8話が、8月27日に放送された。平均視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり、第3話から6週連続で2ケタ台の好調な数字をキープしている。

 本作は、俳優・沢村一樹扮する井沢範人を主人公とし、未然に犯罪を防ぐ捜査チーム“ミハン”の活躍を描く本格刑事ドラマ。第8話は、ミハンが危険人物としてリストアップした砂田繭美(乃木坂46・白石麻衣)を中心にストーリーが展開する。彼女は25歳の市役所職員で、1週間後に結婚式を控えていた。幸せ絶頂であるはずの繭美だが、違法に拳銃を入手した形跡があったため、今回危険人物としてリストアップされたのだった。

 早速彼女の捜査を開始したミハンチーム。井沢と小田切唯(本田翼)は結婚直前のカップルを装い、市役所で繭美と接触することに成功する。同じころ、繭美が2年前に整形手術を受けていたことがわかり、山内徹(横山)と南彦太郎(柄本時生)は手術前の彼女の過去から探っていくことに。そんな中、山内の元上司である長嶋秀夫(北大路欣也)が突然現れる。山内の元バディで、ベトナムで死亡したとされる桜木泉(上戸彩)の上司でもある長嶋は、山内になぜか井沢の事を聞いてくる。山内は桜木が残したメモに井沢の名前が書かれていたことをふと思い出し、長嶋が現れた理由に違和感を持つ。

 一方、繭美が過去に事故で恋人を亡くしていることがわかる。しかも、当時恋人が運ばれた病院は、現在の繭美の婚約者が過去に心臓移植をした病院と同じであることが判明。ここから少しずつ、繭美の本当の目的が明らかになっていくのだった……。

 今回、ネット上ではゲスト出演した白石への反響が大きく、ドラマ自体の注目度も高まった格好となった。ストーリーについても、このドラマの本筋とも言える「桜木泉の謎」がいよいよ動き出し、元バディである山内の活躍にも、ドラマファンの期待が高まっているようだ。

 また、今回はコミカルな演出が比較的多く見られ、こちらも反響が。特に山内は、これまでマジメで堅物なキャラクターとして描かれていたが、繭美の過去を探るシーンで話を聞いた女性とのかみ合わないやり取りや、ミハンのメンバーとテンポの良い会話を繰り広げる場面では、ツッコミ役を担い笑いを誘っていた。ファンからは「今回の山内くん、いつもと違ってかわいいシーンが多かった!」「山内くん、ちょっとキャラ変わった? 8話の感じすごく好き!」と、楽しんだ声が多く寄せられた。

 いよいよ終盤を迎える次回第9話では、死亡したはずの桜木と思われる人物が現れるなど、怒涛の展開が予想される。元バディが現れた際の山内の反応は……次回も目が離せない。

(アズマミサト/ライター)