KinKi Kids堂本剛、さだまさし・THE ALFEEのフリートークに感心しきり! 「この世代の人たちは面白い」

堂本剛

 KinKi Kidsの2人が交互にパーソナリティを務めるラジオ『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)。8月27日深夜放送回には堂本剛が登場し、“年長者の会話”について語る場面があった。

 リスナーからは「車掌さん同士の会話を盗み聞きします。会話の内容は特に面白くもなんともないのですが、自分と違う世代のおっさん同士の会話を中々聞く機会がないので、つい聞いてしまいます」というメールが寄せられた。剛は「“違う世代のおっさん同士の会話”というのがね、なんでしょうね。たいした話をしてないとか、軽くおっさんをバカにしてる感じがあるんで。この概念というかね、心情をちょっと立て直してくれたら……」と、笑いながらリスナーの“偏見”を指摘。

 「これはもう、かわいそうすぎるから、車掌さん同士が!」と車掌に同情しつつ、車掌同士の会話を即興で妄想するなど、“車掌さんが面白くない会話をする”というシチュエーションが気に入ったよう。

 その後、リスナーから「さだまさしのハイタッチ会がすごく混んでいた」という報告を受けた剛は、「さださんがねえ、パーン……お客さんとハイタッチ会。パチンパチンやってらっしゃったんですね」と吹き出ししていた。「一見ね、(さだに対して)おとなしいイメージとかインドアなイメージとか持たれる方も多いと思いますけど。すごいアクティブな活動されてるなっていう。ラジオとか番組とか拝見したり拝聴したりすると面白いですもんね、話が」と語った。

 「この世代(60代)の人たちの話、めちゃめちゃ面白いよね」「それこそ、さっきの車掌さんの会話じゃないですけど。こういう諸先輩方のね、面白い話を聞くのは、これかなり貴重やと思うんですよね。アルフィーさん(THE ALFEE)も面白いから! めちゃめちゃ面白いよね、話。フリートークやからね。フリートークが面白いっていうのはすごいよなと思って」と、先輩たちの話術に感心しきり。

 剛は誕生日が同じ4月10日だというさだに親しみを感じているようで、今年の4月9日深夜放送回でも「私、堂本剛……そしてミッツ・マングローブさん、和田アキ子さん、ペリー、さだまさしさん……いろいろな方々が年を重ねられた状況でございます」とさだの名前を挙げていたのだった。

 剛も39歳と世間的にいえば十分“おっさん”の枠に入っているが、60代から比べればまだまだひよっ子。トーク力には定評のある剛だが、諸先輩方を見習い、ますます腕を磨いてもらいたいところだ。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。