ジャニーズWESTは誕生日祝いのメールが遅い!? 1番最初に桐山照史へ「おめでとうメール」を送ったのは……?

桐山照史

 ジャニーズWEST桐山照史と中間淳太が木曜レギュラーを務めるラジオ番組『ジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送・8月30日放送)。今回は、番組放送中に誕生日を迎えた桐山が中心となり、番組が進行していた。

 今回は「祝29歳! 桐山照史誕生日祭りスペシャル」と題し、桐山の誕生日を祝う企画を開催。早速リスナーから送られてきた「29歳になる前に、28歳はどういう1年だったか振り返ってみてほしいです」というメッセージに、桐山は「ありがたかったですし、新しく出会ってくださったスタッフさんとかも多かった」とコメント。さらに、芸能生活においても転機が多い1年だったと振り返り「(タッキー&翼・今井)翼くんの代役として『マリウス』とか。初で1人で主演をさせていただいたりとか。桐山照史としての、仕事としてのね、スキルが上がった年かなと思いましたね」と、体調不良により降板した今井に代わり主演を務めた舞台が印象深かったようだ。

 29歳の目標としては、「新しいことをどんどんやっていきたいなあ、というかね。20代ラストですから。できることは全部したいなと思います」としみじみ。今後はダイビングの専門誌で表紙を飾ったり、9月8日~9日に『FNS27時間テレビ〜にほん人は何を食べてきたのか?〜』(フジテレビ系)内にて放送されるドラマ『学ぶヒストリー劇場』に出演したりと、29歳になった直後から充実した仕事が舞い込んでいると、うれしそうに報告していた。

 そんな桐山の元には、日付が変わり、誕生日のお祝いメールが届き始める。日付が変わって1番最初にメールが届いたのは、ジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」の田中樹、次が実父だったそう。父親からは「誕生日おめでとう うちに生まれてきてくれてありがとう」という感動的な文面だったと明かしていた。

 しかし中間は「WESTからまだ鳴ってないな? 来てる?」と、肝心のWESTメンバーからメッセージが届いていないことを指摘。さらに、「WESTね、最近遅いんですよ」と不満を漏らしていた。中間自身はすぐお祝いメールを送るらしいが、他のメンバーからはなかなか送られてこないという、悲しい現実を吐露していたのだった。

 中間の嘆きを聞いていたのか、番組終了直前にWESTメンバーから続々とお祝いメールが到着。桐山は「来ました来ました! 先ほど、もんち(神山智洋)が1番最初に送ってくれて、それを皮切りにいろんな方がね。のんちゃん(小瀧望)とか写真も送ってくれたりとかね」と弾んだ声で報告。「1番舞台で忙しいもんちが先に送ってくれた!」と神山の律儀さを褒めながら「あ、今ちょうど(藤井)流星からも『おめでと〜』って来て。ありがたいですよ!」と、生放送ならではのタイムリーな受信状況を明かしていたのだった。

 共演者やスタッフやリスナー、メンバーなどたくさんの人に誕生日を祝ってもらい、終始幸せそうだった桐山。29歳、ますますの活躍を楽しみにしたい。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。