嵐・大野智、チョコレートプラネットのモノマネを“公認”! メンバーの優しさが伝わった『嵐にしやがれ』

嵐

 嵐のメンバーが体当たりで企画に挑戦するバラエティ『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)。9月1日の放送は、お笑い芸人の野性爆弾・くっきー、ガリットチュウ・福島善成、チョコレートプラネットによる「異色のキャラ芸人記念館」が放送された。

 今、“白塗りモノマネ”で大人気のくっきーは、二宮和也のモノマネをして登場。「あたしゃ、ニノだよ!」という自己紹介をしたくっきーに、「いや、おばあちゃん!」と嵐メンバーが一斉にツッコミを入れていた。しかし二宮本人は、「二宮さんも公認というか……あの、ね?」とくっきーに迫られると、「はいはい、そうですね」と自身の白塗りモノマネにお墨付きを与えたのだった。

 一方、キャラ芸人たちによるスペシャル企画「誰が一番なりきれる? キャラ芸人対抗 大野智選手権」では、モノマネ芸人でもマネしづらいという大野になりきる対決が行われた。しかし、そこはモノマネのプロたち。意外にも芸人たちのモノマネは完成度が高く、スタジオは爆笑と驚きの渦に巻き込まれていた。

 中でも、チョコレートプラネット・松尾駿が披露したモノマネは、大野が2010年に主演したドラマ『怪物くん』(同)を再現したもので、「結構ハマってる!」「似てる~!」とメンバーたちからも高評価。大野自身も、「なんかちょっと、目が似てんな……」と認めていた。実際に大野と松尾が2人で横に並んでみたところ、思いのほかソックリで、メンバーからは再び「おお~近い! 近い!」「なんかいいね~」と驚きの声が漏れていた。

 放送中には「チョコプラの松尾さん、大野のモノマネ似すぎ! テレビの前で爆笑してた」「大野くんのマネするコーナー大爆笑なんだけど(笑)実は結構似てたんだね」「大野智選手権おもしろかった~! 松尾さんと大野さんが似てるなんて今まで思ったことなかったけど、モノマネ芸人さんはすごいね」という感想がネット上に投稿されており、思わず感心してしまうファンもいたようだ。

 最終的に、大野は相方の長田庄平が披露していた「マッチョすぎる『釣り人』大野智」とセットで“大野智モノマネ”として公認していた。おもしろおかしくモノマネをされても寛大な心で受け止め、そして公認してくれる嵐メンバーの優しさが伝わった放送であった。

(吉本あや/ライター)