元ジャニーズJr.が『テニミュ』出演&KAT-TUNファンが「こうのば」で“仁亀”に沸く【週刊Jトピ!ざわつき通信】

亀梨和也

ーージャニーズアイドルがファンを“ざわつかせた”ニュースを、編集部の独断と偏見でピックアップ!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

■元ジャニーズJr.が『テニミュ』出演でファン歓喜

 元ジャニーズJr.の千田京平が、『ミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズン 青学vs四天宝寺』(2018年12月~19年2月上演)に忍足謙也役で出演することが明らかになった。千田はバラエティ番組『ジャニーズJr.ランド』(BSスカパー!、11年10月~13年9月放送)や、コンサートツアー『NEWS LIVE TOUR 2015 WHITE』のバックダンサーなどで活躍。グループには所属していないJr.だったものの、ジャニーズファンは今回のニュースに対して「千田くんってあの千田くん? まさかのテニミュ?」「千田くんテニミュ出るの!? というか、いつの間にジャニーズ辞めてたの? 知らなかった……」「千田くんがテニミュ出演? 千田くんがまだこの世界にいてくれてることがうれしすぎ。公演行きたい!」と、衝撃を受けている。

 また、ジャニーズ在籍時は「山倉沙瑠芙」の名で活動し、現在はメンズダンスボーカルグループ「BUZZ-ER.」のメンバーであるSHALF(シャルフ)は、千田と同時期にJr.に在籍していただけあって、自身のTwitterで「千田テニミュおめでとうすぎ」と祝福。その後も「千田本人から電話でツイートのお礼言われた みんなたくさん拡散してあげてね!」とコメントしており、千田本人と連絡を取り合ったよう。2人の交流にもファンは大喜びしていた。

 ミュージカル『テニスの王子様』といえば、数多くの女性ファンを抱えている作品。また、斎藤工や瀬戸康史、城田優らは『テニミュ』出身で、俳優として名を上げるビッグチャンスでもある。千田にはこれまでに培った技術を生かし、新たなステージでも輝いてほしいものだ。

■亀梨の言い間違いで“仁亀”を思い出すファン

 現在、コンサートツアー『KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST』を開催中のKAT-TUN。8月30日に愛知・日本ガイシ スポーツプラザ日本ガイシホールで行われた公演では、トークの流れでKAT-TUNの元メンバー・赤西仁を連想させる場面があったという。

 ファンのレポートによれば、30日昼公演のMC中、亀梨和也が「公の場(おおやけのば)」のことを、「こうのば」と発言したとか。亀梨は以前も「こうのば」と読んでいたらしく、「メンバーが『おおやけのば』を『こうのば』って言ってることをずっと教えてあげないのが笑える」「誰か、亀ちゃんに“こうのば”の件教えてあげて(笑)」「『こうのば』が頭から離れない……。亀、もうこれってわかってて使い続けてるよね?」と、ファンは微笑ましく見守っているようだ。

 一方、赤西も5月に行われたコンサート『JIN AKANISHI “JINDEPENDENCE” TOUR 2018』の名古屋公演で「こうのば」と発言し、会場のファンから指摘を受けたとか。ちなみに、前述のKAT-TUNコンサートでは、過去のエピソードを振り返る中、上田竜也が「赤西」と名前を出す一幕もあったそうで、「私が行った仁のライブでも『こうのば』って言ってた。約3カ月差の仁亀、ありがとう!」「赤西くんも『こうのば』って言ってたね。仁亀フォーエバー!」「亀梨くんも赤西くんまだまだ『こうのば』って言うんだ……。ああ、仁亀尊い」と、奇跡的な巡り合わせにファンは感動していた。