『いただきハイジャンプ』山田涼介が八乙女光の食レポにツッコむも、ネット上では視聴者が山田にツッコむ!?

山田涼介

 9月8日放送の『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)では、グルメ界に潜むさまざまな疑惑に迫り解決するという新企画「グルメ刑事」がスタートした。この日は、Hey!Say!JUMP山田涼介と八乙女光が実際に現場(飲食店)を訪れ、疑問に迫った。

 まず取り上げられたのは「客全員がカレーを頼むうなぎ店」。刑事らしく黒いスーツ姿の2人は、“疑惑”の老舗うなぎ店を訪問。緑のモッズコートまで羽織った八乙女は「警察だ!」と刑事ドラマさながらノリノリだったが、山田は冷静に「すみませんね、お忙しいところ」と店側に気遣ってあいさつ。店内はいかにも老舗のうなぎ店といった雰囲気で、メニューにはカレーの文字は見当たらなかった。

 だが、店員いわく、カレーは「お客さんが100%頼む」という看板メニュー。注文して出てきたのは一見平凡な家庭的なカレーだったが、味にコクがあり「めちゃくちゃおいしい」と2人は目を丸くしていた。八乙女が「すっごい甘口なのにあとからスパイシーっていうのが印象的」と食レポしつつ、「野菜とかも全部クッタクタ」とコメント。しかし、山田はその表現に驚いたようで、「クッタクタ!? すみません、審議です。『野菜クッタクタ』ってどういう表現ですか?」とツッコミを入れていた。

 ところが、この山田のツッコミに反応したのが視聴者。ネット上では、「くたくたって結構言うよね!」「私も『くったくた』って表現よくするけどな」「煮込みすぎた野菜のことクッタクタって言わない!? 光くんが言ってもなんの違和感もないんだけど」といった声も。たしかに、レシピサイトでは「野菜のくたくた煮」「キャベツと豚バラのクタクタ煮」など多数の料理があがっており、「クタクタ」という表現はそれほど珍しいものではない。山田の天然が暴かれた一幕となっていた。

 その後はメニューが1品しかない餃子店や「ひき肉ライス」という謎メニューを出す飲食店を調査。八乙女が天然ボケの発言を連発し、山田がそれに突っ込むという構図ができあがりつつあったが、ふたりが出演する『スクール革命!』(日本テレビ系)では、実はふたりとも天然キャラ。放送終了後には、「山田くんががんばってツッコミしててかわいかった」「山田くんと光くんだったら、光くんの方がボケだから大変だね」「山ちゃんってしっかりしてそうなのに天然だから、ツッコミに粗が見えてこのコンビ楽しかった!」といった声が集まっていた。

(山本純/ライター)