Hey!Say!JUMPが出演してるのに……『スクール革命!』の「埼玉県VS千葉県」がファンから不評

Hey!Say!JUMP

 Hey!Say!JUMP山田涼介・知念侑李・八乙女光、ジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」高地優吾と、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良らによるバラエティ番組『スクール革命!』(日本テレビ系)が、9月9日放送された。ゲストにお笑い芸人のペナルティ・ヒデ、タレントの若槻千夏を迎え、「関東3位の座はどっち? 埼玉県VS千葉県」という、関東ローカル放送ならではの話題で盛り上がった。

 JUMPメンバーは、山田が「千葉県派」で知念が「埼玉県派」だといい、山田は「(千葉には)東京ディズニーランド・ディズニーシーもありますし、遊べる場所が多いかな」と主張。一方、知念は長瀞町で川下り体験をしたことがあるといい、「ステキなところ」と思い出を語っていた。

 番組内では、さまざまな項目ごとに埼玉県と千葉県を比較。人口や観光地の多さはもちろん、県民に愛されるスーパーやホームセンターの比較なども行われた。そんな中、「埼玉と千葉で治安がいいのはどっち?」という問題で回答を求められた山田は、「埼玉のほうがちょっと治安悪いイメージ」と回答。続いて宮城県出身の八乙女も、中学時代に埼玉県に引っ越したことを明かしつつ、「結構、不良多かったですよ」と苦笑い。結果、昨年の犯罪認知件数は埼玉県の方が多く、千葉県の方が治安が良いと判明していた。

 そしてスタジオには、両県を代表する“ゆるキャラ”として、埼玉県の「コバトン」と千葉県の「チーバくん」が登場。県同士の最終対決として、2人が相撲を取ることに。ゆるキャラ同士のかわいらしい相撲の結果は、コバトンが勝利。スタジオも盛り上がりを見せていた。

 かなりローカルな話題で盛り上がったこの日の放送だったが、ネット上では「埼玉VS千葉、自分が埼玉住みだから地味におもしろかった!」「あんまり注目されない県だから、『スク革』で取り上げてもらってうれしい!」といった好意的な感想が集まっていたが、一方で「JUMPの3人にあんまり関係ない話題だったから、話す機会も少なくてつまらなかった……」「どうせならメンバーの出身地で対決してほしかった。今回のテーマは微妙だったなあ」といった声も見受けられた。

 関東ローカルだからこそできた企画だったが、Hey!Say!JUMPメンバーを目当てに見ているファンにとっては物足りない放送回となってしまったようだ。

(山本純/ライター)