『三宅健のラヂオ』「キスは上手?」という質問に戸惑いながら答えるV6三宅健に、ファン悶絶!

三宅健

 V6の三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(bayfm、9月10日深夜放送)。

 リスナーから「この前友達と話してたんですが、下唇が分厚い人はキスが上手らしく、健くんの画像を見せたら『めっちゃウマそうじゃん』って言っていました。実際ウマいですか?」というきわどい質問が届く。三宅は「わからない。ウマいかヘタかなんて……認識ある? 自分で?」と戸惑いを見せた後、「逆に女子が言う、キスがウマいってどういうことなんだろうね?」と首をかしげた。

 その後はスタッフとキスについて考察し始め、「歯が当たるキスが下手なのでは」と例を出したスタッフに対し、「歯が当たることとかある!? ないよ!」と驚いたような声を出していた。

 三宅は「もちろんプライベートじゃないですよ、お芝居ですることも何回かあったんですけども……」と“アイドルらしいことわり”を入れながら、「『自分のキス上手だった?』と聞いたことないですね。あぁ〜、ごめんね。今日のために、その人たちに聞いておけばよかったね」と笑いながら、芝居でのキスシーンの苦労を語り始める。

 例えば、舞台でのキスシーンの最大の敵は汗。舞台で動き回って顔が汗でベトベトになっているため、それが相手にとって不快になっていないか、非常に気になるのだそう。「なんか申し訳ないなあ、汗かいちゃってて……とかさ、なんにもロマンチックじゃないでしょ、そんなの」とため息をついていた。

 この話題の最後には、「僕、(下唇が)分厚いのかな? 分厚くないと思うんだけど」と、リスナーからのメールに話を戻す三宅。スタッフに「男性にしては厚いほう」と言われると、「そうなんだ? えー、あんまり意識したことない……」と言い、話のオチをつけられなかったのか、はたまた恥ずかしかったのか、「ふ~ん?」と大きな声を出して、この話題を終わらせていた。

 一方で、この一連の話を聞いていたリスナーは大興奮。「健くんがキスうまかろうが下手だろうが、されたほうは天にも昇る勢いだよ」「健くんが過去のキスを思い出しながら話してると思うとめっちゃ興奮しない?」「きゃああ〜、今日は刺激的なラジオだわっ」と、鼻息荒いコメントがネット上を飛び交っていた。

 3日深夜放送の同番組でも元恋人に浮気されて以降、三宅以外に好きな人ができないというリスナーの悩みに、前の恋人を引きずるのは時間がもったいないとしながらも、「まあ、でも僕のことはいつも心の片隅どころじゃなく、ど真ん中に置いといてもらいたいですね!」と呼びかけ、メールを出したリスナーはもちろん、ラジオを聞いていたファンを喜ばせていた三宅。今回もキスというリアルな話題でファンを悶絶させた、罪作りな三宅なのであった。