NEWSとKing&Princeはデビューの瞬間が似てる!? ジャニー喜多川社長の“ブレなさ”に平野&岸も驚き

King&Prince

 若手ジャニーズアイドルが歌やダンスを繰り広げる『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)。9月14日の放送回には、先週に引き続き山下智久が登場。デビュー当時の思い出について語った。

 King&Prince平野紫耀、岸優太がコーナー司会を務めた「Jr.にQ」ならぬ「山PにQ」のコーナーに再び登場した山下。先週と同様、どこか緊張気味の岸は「いろいろと聞きたいこともありまして、来させていただきました。今日もよろしくお願いします!」と、登場するやいなや山下に怒涛のアピール。これに山下は「うん、ありがとう……」と穏やかに返事をし、「やっぱ唯一無二だもんね、岸はさ。他のどこを探しても岸はいないから。当たり前のことなんだけど」と優しいコメントをし、場を和ませていた。

 緊張気味でも一生懸命な岸について、山下が「よりこのキャラが引き立ってるなって」と評したところ、岸は「ちょっとボク、最近、路頭に迷ってたんでキャラ……」と、自分の立ち振る舞いについて悩んでいることをいきなり告白。これには山下も「ウソでしょ!?」と驚いていたが、岸にとっては山下のコメントが「ホント、自信につながりました!」と、ありがたい助言になったようだ。

 さらに「そのままの岸がいいと思うよね?」と山下は観覧に来ていたファンに同意を求め、温かい拍手が送られていた。これには、テレビの前で番組を見ていたファンから「山Pありがとう!『岸は唯一無二』ステキなお言葉です!」「山Pありがとう。岸くんってちょっと自己評価低いから、会場にも『思うよね』って聞いてくれた山P、さすがでした。本当良かった!」「山下くんの優しさに感動した~。岸くんよかったね!」と、山下に感謝を伝える声が多数上がっていた。

 その後は、東京B少年・那須雄登から「今までで1番緊張したことはなんですか?」という質問が届き、「デビュー会見」と山下が答えたことから、NEWSとしてデビューした当時の話に。マスコミ関係者などには誰がNEWSのメンバーなのか知らされないまま、いきなり記者会見が行われたそうで、そこで先頭を切って会見場に出ていったのが、山下だったのだという。「それが1番緊張しましたね。今でもなんか、鮮明に覚えてて」と言うくらい、深く記憶に刻まれた出来事だったようだ。

 また、NEWSのメンバーたちも、デビューを知ったのは会見の前日だったとか。山下は「Youたち、明日からNEWSだから~」というジャニー喜多川社長からの一言で決まったと明かしていた。ふり返れば、King&Princeもデビューの知らせを記者会見前日に聞いたと話していた。昔からジャニー社長のやり方が同じことに、「まったく変わってないんですね」(平野)、「同じパターンでしたね」(岸)と2人は驚き。そして、自分たちと同じように山下も記者会見では緊張していたと知り、「よかったです。山下くんも緊張してくれて」(岸)、「山下くんも同じ人間なんだなって」(平野)と、なぜか安心していたのであった。

 これに「超人間だから!」とツッコんでいた山下だったが、King&Princeからしたら大先輩。自分たちと同じ経験を経て現在も活躍していると知り、思わずホッとする平野と岸のかわいらしさがにじみ出た放送回だった。

(吉本あや/ライター)