ジャニーズWEST神山智洋の“おかん力”に絶賛の嵐! 子どもとの接し方が「正解すぎる!」

神山智洋

 ジャニーズWESTのメンバーが「人に役立つミッション」に体当たりで挑む『エージェントWEST!』(朝日放送)。9月15日深夜の放送は、神山智洋が家事・育児に困っている母親を助けるというミッションに挑んだ。

 今回は、6歳のたける君、あらた君、かいり君という3つ子の兄弟を持つ母親から、外出している間にいたずら盛りの三つ子の兄弟の面倒を見ていて欲しいという依頼が舞い込んだ。さらに、母親からは神山に「やっておいてほしいこと」として、部屋の片付けと掃除、犬の散歩、子どもにおやつを食べさせることも依頼された。母親が出かけると神山は、毎回このコーナーでお馴染みとなっている、ちょっと便利な生活の知恵、いわゆる“神ワザ”を披露した。

 部屋の片づけを始めるにあたり神山が用意したのは、3人それぞれ個人用の真っ白なおもちゃ箱とシール。おもちゃ箱にシールを貼って自由にデザインをすることで、おもちゃ箱に対する愛着を持たせ、片付けを楽しくさせる狙いだ。この作戦は見事3兄弟の心を掴み、順調に片付けが進んでいくかと思われたが、ここで事件発生! たける君とかいり君の間で、兄弟ゲンカが勃発。この状況でも神山は動揺することなく、「ちゃんと正直に、素直に謝れる人がいいな~」とケンカを仕掛けたかいり君を優しく諭す。すると、かいり君は素直に「ごめんなさい」と謝り、神山は素直の謝ったかいり君の頭をなでて、ケンカは早々に終結していた。

 今回も見事な“おかん”ぶりを見せていた神山だが、特に子どもとの接し方を評価する視聴者の声が多く寄せられていた。ネット上では、「神山くんの言葉使い、子どもの関わり方として正解すぎる!」「お母さんが神ちゃんのこと見て『この子、保育士資格持ってんの?』て言ってた(笑)それくらい子どもをあやすのが上手いってことだよね」「保育系の大学に通ってる私からしたら、神ちゃんの企画はありがたい。困った時に子どもとどう接したらいいか、やる気を持たせるにはどうすればいいとかがよくわかる!」と絶賛の嵐だった。

 次回は3兄弟編の後編が放送されるが、はたして神山は無事にミッションをやり遂げることができるのだろうか。引き続き、母性溢れる神山の活躍に期待したい。

(アズマミサト/ライター)