『エージェントWEST!』アイドルなのに犬の糞を……神山智洋のおおらかさにファン大絶賛

神山智洋

 ジャニーズWESTのメンバーが「人に役立つミッション」に体当たりで挑む『エージェントWEST!』(朝日放送)。9月22日深夜回は、前回に引き続き、神山智洋が「神ちゃんおかん」に扮し、家事・育児に困っているお母さんを助けるというミッションの後編が放送された。

 今回はたけるくん、あらたくん、かいりくんの6歳の三つ子を持つお母さんからの依頼。お母さんが外出している間に、いたずら盛りの三つ子の兄弟の面倒を見つつ、部屋の片付けと掃除、犬の散歩、おやつを依頼された。神山はまず部屋の片づけと掃除に、子どもたちの心を掴みながら便利な生活の知恵、いわゆる“神ワザ”を取り入れてクリアしたのだった。

 今週は、犬の散歩からスタート。3兄弟はじゃんけんで順番を決めながら交代でリードを引き、愛犬の散歩をしていたのだが、もうすぐ家に着くタイミングで末っ子のかいりくんが「ちょっとしかやってなかった!」とリードを引く時間が短いとグズり始めてしまい、ついには猛ダッシュで逃亡してしまうのだった。しかし神山は動じることなく、「末っ子の感じするね~」と言いながらかいりくんを追いかけ、捕まえるとそのまま抱き上げる。かいりくんは暴れながら泣きじゃくるものの、神山がなだめていくうちに落ち着きを取り戻し、さらにはお兄ちゃんたちもかいりくんにリードを譲ってあげ、ようやく機嫌が直るのだった。

 すると、犬がうんちをしていることに気が付いた神山は、ここで“神ワザ”を披露。実は散歩の出発前に、3兄弟たちと牛乳パックで“糞とりスコップ”を作っていたのだ。これはトング代わりにもなり、使ったら捨てることができるなかなかの優れもの。早速3兄弟はうんちを自分たちで作ったスコップで取ろうとするのだが、残念ながらうんちは2つしかない。やりたがる3兄弟に対して、神山はスコップを使ってうんちを3等分にしてあげるという計らいを見せる。その後もキノコ嫌いの3兄弟にキノコを使ったスイーツを作って食べさせ、ミッションを見事やり遂げた神山だった。

 今回は、グズる子どもに対しておおらかに対応する神山に“おかん力”と同時に“父性”を感じたファンが多かったようで、「神ちゃんおかん大好きだけど、不意に出てくる父性にやられる」「神ちゃんおかん(時々おとん)の包容力ハンパないね!」「神ちゃんおかんすごい! 絶対いいパパになるよね~!」「今週もよかった! おかん感とおとん感どっちも出てた!」と大絶賛。神山の“母性”と“父性”に、子どものみならずファンも大いに癒やされた回となったようだ。

(アズマミサト/ライター)