『KinKi Kids どんなもんヤ!』で堂本剛が「OK、Google」に物申す

堂本剛

 KinKi Kidsの2人が交互にパーソナリティを務めるラジオ『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)。9月24日深夜放送回は堂本剛が担当し、インターネットの検索エンジン「Google」の音声検索について語った。

 リスナーからの「4歳の娘が電気式の蚊取り線香に向かって、『OK、グルグル』と話しかけていた。それを言うなら『OK、Google』だし。そもそも、そんな音声で入力するハイテクマシーン、我が家にないし。ツッコミどころ満載だった」というメールを読み上げた剛は、「めちゃめちゃおもろいやん。形状で言ってるやん『OK、グルグル』」と大ウケ。「『火点けて!』『かしこまりました』。それで線香、火点いて。んなわけないから!」と楽しげにツッコミを入れていたのだった。

 しかし、剛は Googleの音声検索機能については懐疑的なようで、「『OK、Google』はさ、Googleと同期するシステムを家に入れないと(いけない)、ってことでしょ? 全部のテレビ、全部の部屋の電気がそのシステムに合うなんてことはないでしょ?」と発言。対応する電化製品を買い揃える必要があると知ると、「結構お金かかるよね? いや、楽そうで楽じゃないんじゃないか」と、かかる費用や手間を想像し、ため息をついていた。

 さらに「『OK』言いたくないねんなあ〜。わかる?」とリスナーに呼びかける。理由として「『OK、じゃあそろそろリハーサル行こうか』みたいな。そんな感じが、なんかちょっと……ドヤ感のあるミュージシャンみたいな」と、違和感を覚えることを明かしていた。

 その後も、「街中でやってる人、いーひんよね。『OK、Google』(と言っている)の人、聞いたことない!」と、周囲に音声検索をしている人がいないことを強調。さらに友人が旅行中に音声機能を使ったと仮定し、「友だちがさ、急に『OK、Google、あの……』って言い出したら、嫌じゃないけど。この後会話しづらいな、みたいな。『OK』言ってたやん……」とかなりの抵抗感を示す。

 その後も「(検索窓に)打ち込んで検索よね。あれ、みんな打ち込んで検索してるやん。あれ絶対はずい(恥ずかしい)からやって。『OK』が!」と執拗に言及するなど、最後まで音声検索に対して反発していたのだった。

 「OK、Google」に対し、尋常でない気恥ずかしさを覚えている剛。故郷・奈良やそこに息づく生活様式、伝統工芸品を愛する剛にとっては、Googleの音声検索は受け入れにくいものなのかもしれない。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。