King&Prince岸優太が“皿”で好感度爆上げ&ジャニーさん、また変なあだ名を生み出す【週刊Jトピ!ざわつき通信】

岸優太

ーージャニーズアイドルがファンを“ざわつかせた”ニュースを、編集部の独断と偏見でピックアップ!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

■King&Prince岸優太の“皿”にファンが食いつく

 9月22日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に、King&Princeの岸優太がゲスト出演。自宅を初公開し、チャーハンを作る様子を映像で紹介した。チャーハン完成後は、一緒に「大好きなプラムです」とガラスの器に入ったプラムをテーブルに並べた岸。この器が、コンビニエンスストア・ローソンで対象商品を買い、シールを集めると必ずもらえる「リラックマガラスボウル」だと、ファンの間で話題になった。また、トーク中にはご飯代の1,000円をめぐりSexy Zone佐藤勝利とケンカしたというエピソードを明かしつつ、「今でも3,000円を出すのは抵抗がある」と吐露。岸の倹約家な一面が垣間見えた。

 ちなみに、岸が愛用する「リラックマガラスボウル」は2015年の景品ではないかと、ネット上で特定されている。今回は調理シーンも含めてジャニーズファンのツボに入っており、「ローソンでシール集めてもらえるリラックマのお皿でプラムを食べて、デビューしてもご飯代3,000円超えるのは高いと訴える倹約家で庶民的な岸くん、最高!」「岸くんの家、なんかいいね。広くはなさそうな、一人暮らしって感じの家で庶民的」「ローソンでもらえるリラックマのお皿使ってるなんて最高すぎ……ちょっと親近感湧いた(笑)」と、岸の好感度は上昇するばかりだった。

■ジャニー喜多川社長、“変なあだ名”を追加

 動画サイト・YouTubeに開設された「ジャニーズJr.チャンネル」の中で、Jr.内ユニット「Snow Man」岩本照がジャニー喜多川社長との最新交流エピソードに言及した。9月26日アップの動画「Snow Man【イケメンは美女になる?】メンバーたちが女性に大変身!」で、メンバーは顔変身アプリを使って女性の姿に変身した。岩本は紫やシルバーが混じった髪色だったため、「このまま変換されたら、おばあちゃんみたいになる」と懸念。すると、渡辺翔太が「この間、ジャニーさんに『髪色おじいちゃんみたいだね』って言われてた」と暴露し、岩本も「『じぃじ』って言われてる。ジャニーさんから」と肯定する場面があった。

 ジャニー社長こそ、今年10月で87歳の立派な“じぃじ”とあって、ファンの間でも「『じぃじ』って言われるひーくんも、ジャニーさんもかわいい」「照くんがジャニーさんに『じぃじ』と呼ばれてることが判明して、かわいすぎて泣いた」「ジャニーさん面白い。『じぃじ』のネーミングセンスは神だわ」と、笑いが漏れている。岩本に対しては冗談交じりの言い方ながら、ジャニー社長の場合は「名前が覚えられない」といった理由で、別のニックネームを使うパターンもある模様。関ジャニ∞の大倉忠義は、昨年3月放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)のインタビューにて、ジャニー社長は「大倉」という名前が覚えられず、「ボンクラ」と独特なあだ名をつけて呼んでいたと明かしていた。

 また、関ジャニ∞横山裕の本名は「侯隆(きみたか)」だが、ジャニー社長がこの名前では「覚えてもらえない」と言い出し、現在の「裕」を芸名にしている。しかし、昨年1月放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で横山は、「ジャニーさんが、僕のことをずっと『ロシア、ロシア』って言ってたんですよ。色が白いから」「『ちょっとYOU、ロシアっぽいから(芸名は)ヘンリーで行く?』みたいな」と、芸名が決まる前は本名にまったく関係ない「ロシア」もしくは「ヘンリー」と呼ばれていたと語っていた。

 一方、King&Prince神宮寺勇太がJr.時代のコンサートや舞台で話したところによれば、ジャニー社長にはまともに名前を呼んでもらえず、「道明寺」「どっかの寺」と雑に扱われたほか、しまいには「明治神宮」というふざけているとしか思えないあだ名で呼ばれていたそう。ジャニー社長のネーミングセンスはユニット名に限らず、個人の呼び名もバラエティに富んでいるよう。これからもジャニー社長の“変なあだ名シリーズ”が増えるのを楽しみにしたい。