関ジャニ∞村上信五、『夜ふかし』生放送で小島瑠璃子との2ショットをイジられ「やめて!」

村上信五

 関ジャニ∞村上信五とマツコ・デラックスがMCを務めるバラエティ『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)。10月1日深夜の放送では、ゲストにアナウンサーの有働由美子を迎え、番組初となる生放送で、村上とマツコのいつもと変わらぬトークが繰り広げられた。

 番組初の生放送とあって気合充分かと思いきや、普段通りのユルい雰囲気でスタジオに現れた村上とマツコ。通常放送と変わらぬ進行で、いつも通り“村上イジリ”も飛び出した。一般人に街頭インタビューをするコーナー「渋谷で個人的ニュースを聞いてみた件」では、先日村上を見たという女性が登場。羽田空港で見かけたとのことだが、「ダサかった、めっちゃ」とバッサリ。すかさず村上が「うるさい!」とツッコミを入れていた。

 VTRが終わってスタジオに戻るなり「おめでとう」と、一般人に目撃されたことを祝福するマツコ。村上も「生放送でありがとう」と素直にお礼を述べていた。そして村上が「オレ、私服めっちゃ頑張ってんけどな……」とぼやくと、マツコは「でもアンタこじるり(小島瑠璃子)と撮られたときダサかったじゃない」と生放送にもかかわらず、以前週刊誌に2ショットを撮られたことを蒸し返し、村上を一突き。「やめて! も~、それ!」とタジタジになる村上だったが、「でもあんとき、オレちょっと服買い換えてた時期や!」「ちゃんとしたとこのカーディガンやで!」と“ダサい私服”についてはしっかり反論していた。

 そんなやりとりをしている中、有働アナがスタジオに登場。以降は有働アナを交え3人で進行していったのだが、『夜ふかし』流のやり取りに有働はハラハラ。元NHKアナウンサーの有働は、放送禁止用語として扱われている単語が出るとドキドキしてしまうようで、マツコが有働のことを「遅咲きの狂い咲き」と揶揄すると「『狂い咲き』NHKはNGなんです」と恐る恐るコメントする場面も。しかしそれ以上に、「咲いてるだけいいじゃないですか!」という村上のフォローに「すっごいフォローですね~!」と感動する様子を見せていた。

 実は村上と有働、NHKの海外向けサービスであるNHKワールドの音楽番組『NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO』で共演済み。英語がおぼつかない村上の言葉を有働が通訳し、良いコンビネーションで番組を進行していた。この番組のことをマツコは知らなかったようで、「ちゃんと全部報告しなさいよ!」と村上にツッコミを入れていた。

 村上とマツコの変わらぬテンション、そして再共演となった村上と有働アナのコンビネーションで視聴者を笑わせた、初の生放送。ギリギリな内容のトークはスリルを伴うが、また折を見て生放送してほしいものだ。