『シューイチ』恒例のエクササイズ企画、ファンはKAT-TUN中丸雄一の“苦悶の表情”を堪能!

中丸雄一

 日曜朝の情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)でレギュラーコーナー「まじ★すか」を担当しているKAT-TUNの中丸雄一。10月7日の放送回は、翌日が体育の日ということもあり「最新エクササイズ」について調査した。

 中丸が最初に向かったのはティップ.クロスTOKYO渋谷。アメリカ発の最新エクササイズ「オムニボール」を使ったエクササイズに挑戦した。オムニボールとは、360度回転するローラーがついた器具のことで、これを両手につけて不安定な状態でストレッチなどを行うことで体幹を中心に鍛えられるという。

 まずは初級編の動きをやってみるものの、ローラーで体を支えないといけないため「お尻がめっちゃつらい。軸がぶれちゃったりするととんでもないことになっちゃうので」と結構難しいようだ。

 その後は中級編の「腕立て伏せ」と上級編の「背筋トレーニング」に挑戦。一見基本的な動作に見えるが、「バランスを保たないといけない分、普段のトレーニングよりも難易度はアップ。背筋トレーニングにいたっては「まじか!? え、先生よくやりましたね」と、なかなかうまくできない中丸。なんとか1回体を起こせたものの、プルプルと腕が震えてなかなか起き上がれず。「ちょっと待って! ちょっと待って! めっちゃキツイ!!」と、ふざけているわけではないと必死でアピールしていた。

 結局「はー。めっちゃキツイ、これ」と3回が限界で、「イメージではもっとできるんですよ。2発目、3発目から急にできなくて。腕が“かかし”みたい」と言い訳する場面も。ただ、ヘロヘロになっている姿にファンは「中丸くん背筋弱いから猫背なのでは……」と指摘しつつも、「マジすかエクササイズはヘロヘロヨレヨレの中丸くんが楽しみです」「エクササイズ系はこれからもずっとまじっすかで取り上げてほしい。中丸くんのリアクションが本当に最高」との声が集まっていたのだった。

 続いては元ラグビー日本代表の三宅敬氏が考案した、ラグビーボールを使った“ラグササイズ”に挑戦。ハードなイメージがあるラグビートレーニングをアレンジして、女性でも楽しんで体を鍛えられるようになっている。

 中丸はタックルが上手くできてドヤ顔を披露していたものの、楕円形のラグビーボールをワンバウンドさせてからのキャッチは10回中2回しかできず、罰ゲームとして8回腕立て伏せをすることになってしまった。

 しかし、「バウンドして捕りにいく消費カロリーと体力の使った感じはもう腕立て1回分は超えてるんで」と支離滅裂な言い訳で罰ゲームを回避する中丸。そんな中丸には、最後にV字腹筋パスという超キツイトレーニングが待っており、「かぁー!!」「もう足がもたない」と足をプルプルさせてがんばるものの、惨敗。「痛い。おなか……」と苦痛に顔をゆがませていたのだった。

 今回はいつもよりもハードなエクササイズに挑戦していた中丸だったが、エクササイズ系企画では悶絶する中丸と彼の突拍子もない発言がファンにとっては楽しみになっているよう。これからも、中丸には体を張った企画にどんどん挑戦していってほしいものだ。

(吉本あや/ライター)